(令和4年度)中小機構総合ハンドブック
25/104

成果確認・フォローアップ企業が主体となったプロジェクトの実施社内プロジェクトチーム・機構支援チームの編成※審査あり最適な専門家の選定支援計画の策定・提示課題の掘り下げ募集・相談事業承継・事業引継ぎ生産性の向上創業・新事業展開経営環境変化への対応共通・その他・ 経営全般の課題解決・目標達成を目指し、機構職員と専門家が、企業の経営課題を掘り下げ、企業に合わせた支援計画を策定し提案します。・ 企業は社内プロジェクトチームを編成して、プロジェクトを展開します。・ 機構の支援チームは、その活動に対して助言等を行い、企業の自立的な成長をサポートしていきます。(2)支援期間・数か月~10か月程度(20回程度)(3)費用・17,500円(専門家1人、1日あたり。消費税込)(4)派遣専門家・ 大手企業経営幹部など経営経験の豊富な方、中小企業支援の経験を積んだ中小企業診断士や公認会計士などの専門家最寄りの地域本部へ、お電話にて相談をお申込みください。(2) 事前調査企業訪問による現場の確認や、経営者へのヒアリング調査を実施し、課題の掘り下げと認識の共有を行います。(3) 申込みおよび審査事前調査などを踏まえて、申込みを受理し、審査を行います。(4) 支援チームの編成と、支援計画の策定支援の決定後、機構職員と専門家で構成される支援チームを編成します。このチームで課題をさらに掘り下げ、支援計画を策定します。(5) 企業負担金の振込み支援計画に同意いただいた後、企業負担金をお支払いいただきます。(6) 支援開始機構の支援チームは、支援計画書に則して助言を行い、企業の自立的な成長をサポートします。(7) フォローアップ派遣終了後、フォローアップを実施します。23補助金・助成金融資・出資・施設共済・債務保証専門家派遣・経営相談研修・イベント・情報提供等【お問合せ先】経営支援部 企業支援課Tel:03-5470-1564各地域本部は巻末P90~91参照第2章10対象者全社的な事業戦略、計画の立案・実行や売上拡大・生産性向上等の目標達成、様々な経営課題解決について、組織的にPDCAサイクルをまわしながら積極的に取り組みたい中小企業・小規模事業者事業のポイント(1)概要ご利用の流れ(1) 相談のお申込み利用実績全国で336件の支援を実施(令和3年度)経営課題の解決を目指し、一定期間、専門家を継続派遣しますハンズオン支援 ~専門家継続派遣事業~

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る