(令和3年度)中小機構総合ハンドブック
53/100

51事業承継・事業引継ぎ生産性の向上創業・新事業展開経営環境変化への対応共通・その他補助金・助成金融資・出資・施設共済・債務保証専門家派遣・経営相談研修・イベント・情報提供等対象者対象者(1)新事業・新商品展開のためのマーケティング企画を検討したい中小企業・小規模事業者(2)テストマーケティングの実行により新事業展開・新規顧客開拓の可能性を見出したい中小企業・小規模事業者(3)過去に販路コーディネート事業を活用した経験があり、販路開拓において、新たな課題が見つかり、営業力、マーケティング力、商品企画力等の面で課題解決を志向する中小企業・小規模事業者事業のポイント事業のポイント(1)概要・新商品・新技術・新サービスについて、新たな市場への手がかりを掴むとともに、販路開拓力の向上をサポートします。・企業は社内プロジェクトチームを編成して、プロジェクトを展開します。・機構の支援チームは、その活動に対して助言等を行い、企業の自立的な成長をサポートしていきます。・この事業には、M-A型(ブラッシュアップ)、M-B型(テストマーケティング)、M-C型(フォローアップ)の3つの支援メニューがあります。(2)支援期間・M-A型:4か月以内・M-B、M-C型:5か月以内(3)費用・M-A、M-C型:専門家1人/1日当たり8,400円・M-B型:専門家1人/1同行当たり4,200円(4)派遣専門家・大手・中堅企業等において豊富な実務経験を持つ専門家や、商社・メーカー等の出身で広範囲な販路ネットワークをもつ専門家ご利用の流れご利用の流れ(1)相談のお申込み最寄りの地域本部へ、お電話にて相談をお申込みください。(2)事前調査企業訪問による現場の確認や、経営者の方へのヒアリング調査を実施し、課題の掘り下げと認識の共有を行います。(3)申込みおよび審査事前調査などを踏まえて、申込みを受理し、専門家と中小機構職員による採択審査を行います。(4)支援チームの編成と、支援計画の策定支援の決定後、ハンズオン支援事業では、専門家と職員で構成される支援チームを編成します。このチームで課題をさらに掘り下げ、支援計画を策定します。(5)企業負担金の振込み支援計画に同意いただいた後、企業負担金をお支払いいただきます。(6)支援開始機構の支援チームは、支援計画書に則して助言を行い、企業の自立的な成長をサポートします。(7)フォローアップ派遣終了後、フォローアップを実施します。利用実績利用実績全国で187件の支援を実施(令和2年度)販路開拓コーディネート事業新たな市場開拓と、販路開拓力向上を支援します【お問合せ先】経営支援部 企業支援課Tel:03-5470-1564各地域本部は巻末P88~89参照第3章10

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る