(令和3年度)中小機構総合ハンドブック
48/100

重46事業承継・事業引継ぎ生産性の向上創業・新事業展開経営環境変化への対応共通・その他補助金・助成金融資・出資・施設共済・債務保証専門家派遣・経営相談研修・イベント・情報提供等対象者対象者(1)新しく起業しようとする個人(起業家)や創業期企業(ベンチャー企業)(2)新しい分野への展開を目指す地域企業(中小・ベンチャー企業)(3)主要大学などと連携して事業化を図りたい中小企業等事業のポイント事業のポイント(1)事業を立ち上げる際の活動拠点として最適なビジネス環境(事業スペース、設備等)を提供しています。(2)各施設に、インキュベーションマネージャー(IM)(*1)を配置して様々なサービス・支援業務を提供し、その成長・発展をサポートします。(3)国の各種政策とも連動して産学官連携の結節点として、技術開発面での産学官連携をはじめ、新事業創出に向けた大学との共同化・協業化、幅広い分野での産学交流の場を提供しています。(*1)インキュベーションマネージャー(IM):入居している起業家や企業に対して、新事業の創出に必要な情報、ノウハウ、経営資源などをアドバイスし、企業の成長、事業化に導く専門家。ご利用の流れご利用の流れ(1)ご入居を希望のインキュベーション施設を管理しております(【お問合せ先】参照)地域本部ないし、本部 創業・ベンチャー支援部 創業・ベンチャー支援課にご連絡ください。(2)入居に際しては、事業計画等に関する審査がございます。(3)入居後、以下の支援を受けることが可能です。①事業者の様々なニーズに対応できる設備・仕様の賃貸スペースを提供しています。②インキュベーションマネージャー(IM)が各施設に常駐し、経営・技術・財務・法律などの入居者が抱える様々な課題等の解決をサポートします。③施設入居者に対して、地元自治体による「賃料補助」などの支援制度があります。*補助額や適用条件は各施設によって異なります。④地域の支援機関とのネットワークや機構が有する支援ツール等を活用して、資金調達、販路開拓などのビジネスマッチング、その他高度な経営課題にも対応します。利用実績利用実績中小機構のインキュベーション施設は、全国主要大学のキャンパス内などに立地しており全国最大のネットワークを有しています。またこれまで、1900社を超える企業の皆様にご利用いただき、14社の企業が株式公開する等、成果をあげています。インキュベーションハード&ソフト支援よる総合的なビジネスサポート【お問合せ先】創業・ベンチャー支援部 創業・ベンチャー支援課Tel:03-6459-0732各地域本部は巻末P88~89参照第3章5

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る