小規模事業者支援ハンドブック
98/128

98第4章 小規模事業者の事業計画策定支援(4)事業承継に向けた計画「事業承継ガイドライン」によれば、事業承継のステップとして、「事業承継に向けた準備の必要性の認識」、続いて「経営状況・経営課題の把握(見える化)」、「事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)」が示されています。これはまさに、前述の計画書と同様、「現状の認識」、それを踏まえた「目標」と「それを達成するための取り組み」に該当します。事業承継計画の場合は、前述の事例の計画書の「取り組みのスケジュール」に「事業承継に向けた準備」を追加するといいでしょう。例:取組のスケジュール、および代表交代に向けた準備1年目取り組み内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・事業継承に向けた準備・代表取締役、取締役保有の株式を34株譲渡・取締役(妻)の保有株式を34株譲渡2年目取り組み内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・事業継承に向けた準備・代表取締役、取締役保有の株式を○○株譲渡・特例事業承継計画の策定・後継者、商工会等のセミナー受講による経営全般、会計等の知識習得3年目取り組み内容・1年目、2年目の取り組み内容の継続事業継承に向けた準備・代表取締役、取締役保有の株式を○○株譲渡・後継者の役員報酬を増額(増額分で代表取締役の株式購入)4年目取り組み内容・1年目、2年目の取り組み内容の継続事業継承に向けた準備・代表取締役、取締役保有の株式を○○株譲渡・後継者の役員報酬を増額(増額分で代表取締役の株式購入)・後継者、商工会等のセミナー受講による経営革新計画策定5年目取り組み内容・1年目、2年目の取り組み内容の継続事業継承に向けた準備・代表取締役、取締役保有の株式を○○株譲渡※代表者交代

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る