小規模事業者支援ハンドブック
73/128

第3章 小規模事業者の売上向上支援73  (例)40-80代がターゲットの婦人服店    売場面積・仕入資金の制約から品揃えが限られてしまうため、それぞれの年代から自分に合う商品が少ないと言われてしまう(経営資源の乏しい事業者は、ある程度ターゲットを絞り込むことが求められます)◆お客様は、複数の店を比較しながら利用する店を決めています・他店の方が魅力的と思えば、自店の来店頻度は減少していきます  → 「競合分析」をして、自店の品揃えを強化しましょう・ネット販売など、見えないところで競合していることも意識しましょう  → スマートフォンも普及し、ネットでの購入者は確実に増えています(2)商品訴求の工夫◆当店の希望する来店サイクルに合わせて商品を訴求しましょう・週に1回来店してもらいたいと考えるならば、訴求する商品を週に1回変えるなどの工夫をしましょう・訴求する商品が変われば、既存客はいつ来ても目新しさを感じ、来店するのが楽しみになります・定番品のみで特段の訴求を行わない場合は、来店サイクルは長くなります・日替わりお買い得商品、今週のお勧め商品、週末限定商品、季節限定商品などを活用しましょう  (例) 週末限定のお買い得商品を並べることによって、これまで週0-1回の既存客の来店サイクルが週1-2回に増えた◆新商品でなくても、訴求方法や陳列場所を変えるだけで効果はあります・目先を変えてあげるだけで、お客様は新鮮に感じるものです  (例)エンド陳列の商品を定期的に入れ替える  (例)店長のお勧めコーナーを作り、定期的に商品を入れ替える(3)会員カード・ポイントカードによる囲い込み◆会員カードやポイントカードを活用して、再来店を促しましょう・会員カードを持つことで、自店を思い出すきっかけになります・ポイントを貯める・集めることに楽しみを感じる消費者が一定割合います◆会員に特典(インセンティブ)を与えることで、再来店を促しましょう・会員カードを提示することで常に受けられる特典  (例)店頭価格から5%引き、1ドリンクサービス、配送料半額 など・獲得ポイントや来店回数(来店スタンプ)に応じた特典  (例)3回来店→1杯、5回来店→1皿、10回来店→特製ドレッシング など・会員ランクに応じた特典

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る