小規模事業者支援ハンドブック
19/128

第1章 小規模基本法制定の背景と経営指導員の役割や使命19※経営計画書の作成にあたっては、先述の経営計画策定アプリ「経営計画つくるくん」なども活用してください。この行動は一日でも早く始めて頂きたいのです。数多くの若手後継者から、「なぜこの話を聞いて、心に火がついたのに、親父と喧嘩してしまったのか、悔しい」との声を聞きます。そして、その次に続く言葉は、「親父が急に亡くなりました」です。生きているときしか、感謝を伝えられません。宝の山も学べません。もったいなさすぎます。注 「敬聴」(一社)日本知的資産プランナー協会 参照事業承継推進会議 国の肝いりで、2018年10月29日、東京で3000名の参加を得て開催されました。(全国9ブロックで展開)最新の事業承継施策については、中小企業庁のホームページ等でご確認頂き、情報を最新のモノにしていくことも、重要です。Ⅳ.若手後継者の育成多くの経営指導員の方々に、その実態を再認識してもらう意味で明記しました。全国各地で、若手後継者育成塾、経営革新塾等を行い、若手後継者と接する中で知った実態です。半数以上の若手後継者は決算書を見ていない、もしくは、理解していないのです。一般的には、信じ難いかもしれませんが、これが実態です。そして、半数程度の若手後継者は、・自社の売り上げを言えない。・借入額、毎月の返済額、支払利息、メインバンクを知らない。・保証協会、保証料、プロパー融資、これらの単語を聞いたことがない。・連帯保証をしているのかどうか、はっきりと覚えていない。・原価を知らずに、見積書を作っている。しかし、重要なことは、上記のような状態だとしても、彼らは、下りのエスカレーター状態の中で、地元に戻り家業を継ぐ、もしくは創業した、地元を愛する人たちです。「また、青年部にいくの?」と、家族から冷ややかな言葉や視線を浴びながらも、出てきてくれます。彼らが行っていることは、イベントでの協賛金集めや、焼きそばの準備、経営セミナー企画や部員増強をどうするかを話し合うためです。また、それ以外でも、消防団、PTA、

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る