小規模事業者支援ハンドブック
106/128

106第5章 地域資源を活用した商品開発とマーケティング支援3.地域の発表事例から平成26年度に行われた「小規模事業者支援人材育成支援事業・地域支援型研修」に於いては、各会場で地域支援機関による「JAPANブランド」や「地域資源∞全国展開プロジェクト」等の事例発表が行われました。ここではその内の2事例について以下に紹介をします。(岡山商工会議所「フルーツパフェの街おかやま」)事業概要岡山市内にあるホテル・飲食店・和洋菓子店等38店舗が、新ご当地グルメ「岡山県産の旬の果物を使った独創性のあるフルーツパフェ」を提供することにより、岡山県産果物を県内はもとより全国に発信する取組み。昨秋はファミリーマートとのコラボ企画も実現。(熊本県美里町商工会「フットパス」)事業概要「フットパス」とは、森林や田園地帯、古い町並みなど、地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと(Foot)ができる小径(Path)のこと。同町は中山間地特有の自然を題材に、それぞれ4~10kmの10の散策コース(所要時間は1時間半~2時間程度)を開発し、情報発信することで多くの観光客誘致に成功。

元のページ  ../index.html#106

このブックを見る