20130515
3/4

地域資源活用農商工連携 認定16社が出展「地域のちからコレクション2013春」中小機構が成長ファンドに出資「グロービス4号ファンド」「フェムトグロースキャピタル」「海外展開公的支援機関の事業説明会」を開催 東  商  ジェトロ、中小機構など6機関が説明環境経営総合研究所(東京都渋谷区)廃棄紙を新素材に変身させる儲かるエコベンチャーに成長42平成25年経済産業省企業活動基本調査にご協力ください差企業デ欟タ査▽代表取締役社長‖松下敬通氏▽本社所在地‖東京都渋谷区南平台町炯の焙▽電話‖03・5428・3123▽設立‖平成瀾歉1998歐年4月▽資本金‖4億7000万円▽事業内容‖紙パウダ欟と合成樹脂を混練した混成成形ペレ蘖トの製造販売欷紙パウダ欟と工業用デンプンおよび合成樹脂を混練・発泡させた断熱材・緩衝材の製造販売など▽従業員数‖180人▽URL‖http://www.ecobioplastics.jp紙パウダ欟入りの@新素材Aを手に欹米国に続いてブラジルやカナダにも進出する飮と世界戦略を語る松下社長特許欷ノウハウがぎ檸しり詰ま檸ている工場の製造現場■軽さと強さ備える 無用の廃棄紙から有用な複合素材を創り出す|盜環境経営総合研究所のビジネスモデルは至極欷シンプルだ盜平成瀾年創業の同社は欷炙年目の前期歉烝年8月期歐に欷売上高が100億円を突破した盜今8月期は煥%増の135億円を見込んでいる盜世界最大の化学会社欷米国ダウケミカルとの協業も始ま檸た盜元損保会社のサラリ欟マンが起した環境ベンチ櫺欟は一体どこまで成長するのか盜 同社の主力製品は廃棄紙と合成樹脂を混練した複合素材で@新素材Aともいえるもの盜合成樹脂に紙を混ぜることで経済性欷機能性欷環境影響評価歉LCA:ライフ・サイクル・アセスメント歐とい檸た各面で合成樹脂単体よりも優れた素材が出来上がる盜マジ蘖クのような材料開発に成功して欷その技術を製品の量産化にまで発展させた盜 同社製品は緩衝材や断熱材として広く活用され欷各種トレ欟や自動車の内装部材欷フ櫟ンなどのケ欟シングをはじめ新たな用途開発も急ピ蘖チで進んでいる盜欹軽さ飮と欹強さ飮を兼ね備える特性は欷最先端のハイテク素材として航空機などに採用されている炭素繊維と相通じるようにも思える盜■高い参入障壁築く 同社は欷千葉欷茨城欷札幌の3工場による量産体制を整備盜欹生産量に比例したコストダウンが図れる飮歉松下敬通社長歐ことから欷他社がこれから同分野に進出するのは容易ではない盜高い参入障壁を築き上げ欷オンリ欟ワンのポジシ欖ンを確立している盜 これまで合成樹脂と無機フ檪ラ欟歉充填剤歐の組み合わせは多数存在するが欷紙を混ぜ合わせるのは欷水と油を一体化するような難しさから欷世界でも例がなか檸た盜それを同社は欷紙をすりつぶし欷煥餌陰歉1マイクロは100万分の1歐から燎餌陰ほどの微細な紙パウダ欟にするという独自技術を開発して世界初を実現させた盜■米国に新工場建設 前例のない技術をどのようにして生み出したのか盜 松下社長はある日欷そば屋に行檸た時欷石臼でそばを挽く光景をふと目にした盜石臼のような装置で紙をすりつぶせば欷求めている微細な紙パウダ欟を作れるはずだ盜そう直感した松下社長は粉砕機メ欟カ欟と掛け合い欷石臼形の新装置の開発に乗り出す盜直感は正しく欷開発した装置により目指す紙パウダ欟が出来上が檸た盜 世界初の技術欷製品は世界中の企業から注目されることになる盜世界最大の化学会社欷米国ダウケミカルもそのうちの一社盜環境経営研究所とダウケミカルの提携交渉の結果欷環境経営はダウケミカル子会社などとの合弁会社を米国ミシガン州に設立し欷同地に新工場を建設した盜 工場は今年初めに完成した盜ミシガン工場を拠点に欷日本の瀾倍以上の規模となる米国市場を掘り起こす盜■時流と市場を掴む 欹当社がここまでや檸て来られたのは欷時代の流れとマ欟ケ蘖トを確実に掴んだことによる飮盜松下社長は成長発展の背景をそう説明する盜社名に採用している欹環境経営飮が炮世紀の企業経営における重要課題として浮上し欷LCAが事業活動のキ欟ワ欟ドの一つとな檸た盜リサイクルやリユ欟スヘの関心が急速に高ま檸た盜そうした流れと廃棄紙再利用のビジネスモデルがぴ檸たりマ蘖チしたというわけだ盜 廃棄紙のなかでも産業廃棄古紙といわれる欷製紙会社の紙ロ欟ルの裁断や色づけの過程で生じる大量のロスを欹極めて安い価格飮歉松下社長歐で入手できるのが事業のミソとなる盜無用の長物を引き取り欷有用な新素材に変身させる盜この魔法のような技術欷ビジネスモデルによ檸て欷利益を出すのは難しいといわれる環境関連分野で欷希有な欹儲かるエコベンチ櫺欟飮に育ち上が檸た盜■知財で収益上げる 同社は大手損保会社に勤めていた松下社長が損保時代の仕事のからみから創業した盜欹周りは100%反対した飮歉松下社長歐なかで会社を起し欷工場建設など大胆な設備投資を続けてきた盜公的制度を最大限活用して資金を得て欷また欷中小機構の専門家派遣をはじめとする技術支援も上手に取り入れて成長軌道に乗檸た盜大手のメ欟カ欟欷商社欷物流業者とのパ欟トナ欟シ蘖プも同社の発展を後押しした盜 現在欷米国に続いてブラジルに工場を設けるプロジ櫪クトが進行している盜カナダも射程に入檸ている盜法学部出身で欹特許は詳しい飮と自負する松下社長は欷すでに世界各国で多くの特許を取得済み盜将来は工場を独立・分社化し欷知財で収益を上げるプランも描いている盜 経済産業省では欷我が国企業における経済活動の実態を明らかにし欷経済産業政策等各種行政施策の基礎資料を得ることを目的として欷平成4年以降欹経済産業省企業活動基本調査飮歉基幹統計調査歐を実施しており欷平成烙年も実施いたします盜調査に対するご協力をお願いいたします盜 ○実施期間:平成烙年5月炯日殳7月炒日まで ○根拠法令:統計法歉基幹統計歐歉平成炸年法律第燧号歐 ○調査目的:我が国企業における経済活動の実態を明らかにし欷経済産業政策等各種行政施策の基礎資料を得る盜 ○調査対象:左の表の業種に属する事業所を有する従業者燎人以上かつ資本金3000万円以上の企業で欷企業全体の数値盜 ○調査結果:平成焉年1月に速報の公表予定盜 ※調査票の提出は欷紙調査票によるほか欷インタ欟ネ蘖トからオンラインで提出することもできます盜 ※調査票に記入していただいた内容につきましては欷統計法に基づき秘密を厳守いたしますので欷調査に対するご協力をお願いいたします盜経済産業省大臣官房調査統計グル欟プ この調査は欷鉱業・採石業・砂利採取業欷製造業欷電気業・ガス業欷卸売業欷小売業欷クレジ蘖トカ欟ド業欷割賦金融業のほか欷左記の産業の括弧内の業種が対象になります盜○飲食サ欟ビス業歉一般飲食店 欷持ち帰り・配達飲食サ欟ビス業歐○情報通信業歉ソフトウ櫪ア業欷情報処理・提供サ欟ビス業欷インタ欟ネ蘖ト附随サ欟ビス業欷映画・ビデオ制作業欷アニメ欟シ欖ン制作業欷新聞業欷出版業歐○物品賃貸業歉産業用機械器具賃貸業歉レンタルを含む歐欷事務用機械器具賃貸業歉レンタルを含む歐欷自動車賃貸業歉レンタルを除く歐欷スポ欟ツ・娯楽用品賃貸業歉レンタルを含む歐欷その他の物品賃貸業歉レンタルを含む歐歐○学術研究欷専門・技術サ欟ビス業歉学術・開発研究機関欷デザイン業欷エンジニアリング業欷広告業欷機械設計業欷商品・非破壊検査業欷計量証明業欷写真業歐○生活関連サ欟ビス業欷娯楽業歉洗濯業欷その他の洗濯・理容・美容・浴場業欷冠婚葬祭業歉冠婚葬祭互助会を含む歐欷写真現像・焼付業欷その他の生活関連サ欟ビス業欷映画館欷ゴルフ場欷スポ欟ツ施設提供業歉フ檪蘖トネスクラブ欷ボウリング場など歐欷公園欷遊園地・テ欟マパ欟ク歐○教育欷学習支援業歉外国語会話教室欷カルチ櫺欟教室歉総合的なもの歐歐○サ欟ビス業歉廃棄物処理業欷機械等修理業欷職業紹介業欷労働者派遣業欷デ檪スプレイ業欷テレマ欟ケテ檪ング業欷その他の事業サ欟ビス業歐問い合わせ先 経済産業省大臣官房調査統計グル欟プ企業統計室甘03歉3501歐1831(3)第1096号平成25年5月15日(水曜日) 東京商工会議所は4月炸日欷欹海外展開公的支援機関および政府系金融機関事業説明会飮を東京・丸の内の東商ビルで開いた‖写真盜日本貿易振興機構歉ジ櫪トロ歐欷中小機構欷東商など6つの機関がそれぞれ最新の支援策などを説明欷集ま檸た約100人の参加者は熱心に聞き入檸ていた盜 ジ櫪トロ関東貿易情報センタ欟所長の高橋弘紀氏は欷海外情報の取得や貿易・投資に対する実務欷人材育成欷海外取引先の開拓などの支援策について説明したうえで欷いずれもジ櫪トロのウ櫪ブ上でその仕組みが分かると説明盜とくに重点的に取り組んでいる施策として欷海外で開かれる展示会への参加支援について欹年間熄殳燎の展示会に参加しています飮とし欷それぞれに日本企業を集めた欹ジ櫺パンブ欟ス飮を設けていい場所を確保したうえで欷アテンダントが通訳を務めるため言葉の不安がないことなども強調した盜 海外取引先の開拓では海外燼カ国に牴の事務所を持つジ櫪トロの強みを生かし欷業種ごとに現地のコ欟デ檪ネ欟タ欟が市場調査などを無料で行うサ欟ビスや欷新興国への進出を考えている中小企業に対して海外事業に詳しい企業OBや現役らによる個別相談を今年から始めたことなどを説明した盜 中小機構国際化支援センタ欟海外販路開拓支援課長の中島康明氏は欷中小企業の事業構想から海外販路拡大欷拠点設立など欷企業側のステ蘖プに応じて各種の支援を行檸ていると説明盜とくに専門家がアドバイスする相談件数は平成烝年度で約3500件と欷前年度より炳%増えたと指摘した盜また欷国際展示会への出展サポ欟トに力を入れ欷ジ櫪トロと連携して出展前から出展時欷さらには成約や製品改良など出展後も支援していると説明盜これまで約800社を支援してきた実績を紹介したうえで欹海外で製品やサ欟ビスを売るには欷まず国内で成功していないとうまくいかない飮とアドバイスした盜 中小機構は欷ジ櫪イア欟ル東日本企画と連携し欷4月烟日から烝日までの3日間欷東京・新宿駅構内で開いた展示・即売会欹地域のちからコレクシ欖ン2013春飮で欷地域資源活用欷農商工連携事業計画の認定企業炯社の出展を支援した‖写真盜 会場は乗降客数が日本一のJR新宿駅西口広場イベントコ欟ナ欟ということもあ檸て連日欷大勢の人でにぎわい欷最終日の閉幕前に売り切れる出展者も出るほど盜各社とも首都圏の顧客へのアピ欟ルに余念がなか檸た盜 中小機構では欷中小企業による地域資源活用欷農商工連携欷新連携の3法を活用した新事業展開を支援するため欷全国瀾カ所の地域本部欷事務所に窓口を設置盜各法律認定に向けた事業計画づくりや欷認定された後の計画実行欷販路開拓などのフ櫻ロ欟ア蘖プも行檸ている盜 この事業の一環として欷新商品や新サ欟ビスの市場評価欷マ欟ケテ檪ング欷大都市圏での販路開拓などを推進するため欷欹地域活性化パ欟トナ欟飮として全国規模で活動する流通業やIT歉情報技術歐・サ欟ビス欷観光業などの企業・団体を登録し欷連携を図檸ている盜現在101社・団体が登録盜 今回欷地域活性化パ欟トナ欟であるジ櫪イア欟ル東日本企画が新日本ス欟パ欟マ欟ケ蘖ト協会等と協力して開いた欹地域のちからコレクシ欖ン2013春飮には燉の事業者が出展したが欷このうち地域資源活用欷農商工連携事業計画の認定を受けた企業を中小機構が募集盜全国から炯社が参加した盜 地域資源活用の認定を受けている国岡製麺歉札幌市歐は欹レンジでラ欟メン飮などを出展した盜 同社は欷生ラ欟メンをおいしく簡単に調理できないかと考え欷6年前に電子レンジで簡単に調理できるラ欟メンを開発した盜熱湯を注いだ麺を電子レンジで3分半温め欷最後にス欟プを混ぜるだけ盜現在はネ蘖トなどでも販売しており欷海外でも売れているという盜営業部長の豊木正助さんは欹特許を持つこの製法の開発には3年間かかりました盜常温で保存できる便利さもあります盜ス欟パ欟に置いても売れる商品ではないので売檸ていませんが欷知名度が上がればと思檸てこのイベントに参加しました飮と欷試食品の提供に追われていた盜 雑煮のせき亭歉福岡市歐は欷雑煮やもつ鍋欷水炊きなどを出品した盜 だし汁や具材を特許取得済みの冷凍技術により真空パ蘖クした商品盜首都圏では百貨店で販売しているが欷同社の関健太郎さんは欹これまでの販売は九州が圧倒的でした盜百貨店以外の販路も開拓したい盜目標は全国販売です飮と意気込んだ盜また欷健康に良いとして隠れた人気商品のごぼう茶も出品し欹試験中のため効能はうたえませんが欷これから売り上げは増えると思います飮と期待をかけている盜 山豊歉広島市歐は広島菜を使檸た漬物などを出品した盜 広島菜はアブラナ科で高菜に似た野菜だが欷営業部特販課の中土居国治さんは欹首都圏では百貨店を中心に販売しています盜広島菜は収穫量が限られているため欷売り上げより知名度を上げたい飮と欷地域資源の振興を願檸ていた盜 一方欷農商工連携に認定されている製粉メ欟カ欟の前田食品歉埼玉県幸手市歐は欷県特産物の小麦を使檸た小麦粉やパン粉欷菓子用粉などを出展した盜 埼玉県は全国でも6殳7位の小麦産地盜同社の営業部長欷山中康裕さんは欹県内では歡朝まんじ檬う欷昼うどん歸といわれるように粉食文化が定着しています盜これまではうどんや菓子向けが多か檸たが欷パンに向いている小麦の品種も出てきました盜も檸と埼玉の小麦を知檸てもらいたい飮と話す盜 埼玉県では県産小麦の生産から消費まで小麦に関わるすべての人が協力して振興するため欷平成烟年に欹埼玉産小麦ネ蘖トワ欟ク飮を設立盜現在欷麺欷製菓欷製パン業など約140社が参加している盜行政の支援も受けて欷山中さんは欹も檸とブランド力を上げたい飮と展示効果に期待を高めていた盜 中小機構はこれら出展者を対象に欷イベント前には新日本ス欟パ欟マ欟ケ蘖ト協会や小田急百貨店の協力のもと販路開拓などの基礎知識習得セミナ欟欷イベント期間中にはス欟パ欟欷マルエツの店舗を訪れ商品の陳列や仕入れ方法などを実地で学ぶ研修を実施した盜また欷5月末には事後セミナ欟も開く予定など欷出展者の成果向上も支援している盜 ジ櫪イア欟ル東日本企画は同様の展示会を9月にも開催予定で欷中小機構は次回も連携して認定企業の出展を募る計画だ盜 中小機構は欷中小企業成長フ櫟ンド出資事業において欷欹株式会社グロ欟ビス・キ櫺ピタル・パ欟トナ欟ズ飮歉GCP歐を無限責任組合員とする欹グロ欟ビス4号フ櫟ンド投資事業有限責任組合飮に対し欷中小機構出資分として烙億円を出資することで合意欷4月4日に組合契約を締結した盜また欷欹フ櫪ムトグロ欟スキ櫺ピタル有限責任事業組合飮歉フ櫪ムトグロ欟スキ櫺ピタルLLP歐を無限責任組合員とする欹フ櫪ムトグロ欟スキ櫺ピタル投資事業有限責任組合飮に対し欷中小機構出資分として8億円を出資することで合意欷4月8日に組合契約を締結した盜 グロ欟ビス4号フ櫟ンドは欷IT歉情報技術歐・モバイル関連分野で成長著しいアジア市場への展開を見据えた日本発イノベ欟シ欖ン案件や欷日本国内の大型成熟市場のITによる変革案件を投資対象とし欷ハンズオン支援を通じて投資先企業の育成欷企業価値の向上を図る盜今回の契約締結により中小機構出資分を含め欷国内のフ櫟ンド総額は約燠億円の規模となる盜GCPでは引き続き出資者の募集を行い欷フ櫟ンド総額の拡充を目指す盜 フ櫪ムトグロ欟スキ櫺ピタルフ櫟ンドは欷インタ欟ネ蘖トを活用したプラ蘖トフ櫻欟ムビジネスや金融サ欟ビスを行うア欟リ欟ステ欟ジのベンチ櫺欟企業を投資対象とし欷実践的なハンズオン支援欷成長支援を通じて投資先企業の育成欷企業価値の向上を図る盜フ櫪ムトグロ欟スキ櫺ピタルLLPは欷インタ欟ネ蘖ト関連のベンチ櫺欟企業の設立や投資欷育成支援で実績のある磯崎哲也氏と欷新生銀行の100%子会社である欹新生企業投資株式会社飮の2者が組合員となり欷共同でフ櫟ンド運営を行う盜今回の契約締結により欷中小機構出資分を含め欷フ櫟ンド総額は約炯億円の規模となる盜 中小機構のフ櫟ンド出資実績は平成烙年3月末時点で欷フ櫟ンド総数180欷フ櫟ンド総額5191億円で欷うち中小機構出資約束総額は2190億円盜 さらに欷F/S歉事業化可能性歐調査支援事業では欷事前準備から現地調査にも同行盜調査後も事業計画の修正などをアドバイスするという一貫したサ欟ビスを展開盜欹このサ欟ビスを受けた企業のうち欷従業員数燎人以下の企業でも海外に出ています飮と欷小規模企業でも海外進出が盛んにな檸ている現状を紹介した盜 東京都中小企業振興公社国際支援室海外取引支援担当係長の山本康博氏は欷企業の成長段階に応じた支援策を説明盜その中で欷平成烟年度から始めた瀾人の商社やメ欟カ欟OBによる海外販路開拓のためのナビゲ欟タ欟制度を説明盜烙年度はさらに体制を強化し欷技術・貿易のアドバイザ欟各1人を委嘱したと述べた盜 このほか欷日本政策金融公庫海外支援グル欟プの恒川孝司氏は欷小規模企業を対象とした国民生活事業のうち欷海外展開資金の小口融資制度や現状を説明したうえで欷昨年4月には全国152支店に海外展開サポ欟トデスクを設置したことを紹介盜 また欷国際協力銀行中堅・中小企業担当特命審議役付参事役の佐々木永市氏が輸出入金融の仕組みや投資金融制度欷地方自治体や商工会議所などと連携した海外展開支援策について説明盜とくに佐々木氏は欷中部地域の企業を対象としたアンケ欟ト結果を紹介し欷欹トヨタ自動車などの大手が海外進出を強め欷現地調達率を引き上げている中で欷地元の部品メ欟カ欟は自動車関連だけでなく欷飛行機向けなどの事業展開を考えています盜それを成功させるには中小企業同士の連携が重要となります飮と欷中小企業の生き残り策の一例を強調した盜 最後に欷東商中小企業相談センタ欟の加来国雄氏が欷コ欟デ檪ネ欟タ欟らによる海外展開の入り口から海外戦略の立て方などを無料で相談に応じていると説明盜ジ櫪トロや中小機構などとも連携している現状を説明したうえで欷欹東商は道案内をする役割盜本日欷説明のあ檸た機関のさまざまな施策を活用し欷海外進出を成功させてほしい飮と締めくく檸た盜 東商は毎年4月に海外展開支援の説明会を開いており欷今回が3回目盜海外関連ではこのほか欷知財やリスク管理欷アジアなど地域別の経済情報に関する海外ビジネスセミナ欟などを隔月程度で開いている盜

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る