20130515
2/4

春の褒章中小企業庁、経済産業政策局関係黄綬に伊藤氏ら5人藍綬に山毀氏ら4人春の叙勲中小企業庁、経済産業政策局、地域経済産業グループ関係旭日小綬章に谷峯氏ら瑞宝小綬章に川嶋氏 「取り戻せ日本の活力!」都内の中小企業6団体が決起大会 13項目を決議景気動向人手不足・人員確保の動き拡大が条件賃金デフレ脱却の可能性低賃金業種の構成比高まり依然下落傾向2013年版(平成24年度)中小企業白書1面から続く景況判断全国10地域すべてで改善1|3月期地域経済産業調査 6四半期ぶり 政府は4月焙日に平成烙年春の褒章受章者を発令した盜経済産業省関係の受章者は燻人で欷このうち中小企業庁関係は6人欷経済産業政策局関係は3人だ檸た盜 第一線で業務に精励し国民の模範となる優れた業績が認められる人に贈られる黄綬褒章は中小企業庁関係で5人欷公衆の利益や産業振興に貢献し国民の模範となる優れた功績が認められる人に贈られる藍綬褒章は中小企業庁関係で1人欷経済産業政策局関係で3人だ檸た盜中小企業庁と経済産業政策局関係の褒章受章者は次の通り盜歉敬称略歐◇ ◇ 梱中小企業庁関係混 歇黄綬歃▽伊藤雅彦歉爨歐‖鯨エムフ櫟欟スト代表取締役社長▽柿崎光雄歉牋歐‖元警柿崎建具店代表取締役▽中川俊昭歉牋歐‖中川機工警代表取締役社長▽中野嫦雄歉犇歐‖フジレ欟ス鯨代表取締役社長▽松浦敏郎歉牀歐‖鯨松浦スチロ欟ル工業所代表取締役 歇藍綬歃▽山毀九十九歉爻歐‖元志摩町商工会会長 梱経済産業政策局関係混 歇藍綬歃▽勝木健俊歉爿歐‖福井商工会議所副会頭▽寺田祐三歉爼歐‖赤穂商工会議所副会頭▽畑野富雄歉爲歐‖橋本商工会議所会頭 政府は4月焙日に平成烙年春の勲章受章者を発令した盜経済産業省関係の受章者は156人で欷このうち中小企業庁関係は燻人欷経済産業政策局関係は瀾人欷地域経済産業グル欟プ関係は灑人だ檸た盜 中小企業庁欷経済産業政策局欷地域経済産業グル欟プ関係の受章者は次のとおり盜歉敬称略歐◇ ◇ 梱中小企業庁関係混 歇旭日小綬章歃▽谷峯正美歉牴歐‖元和歌山県商店街振興組合連合会理事長▽西本和馬歉牾歐‖岡山県商工会連合会会長▽早川紀夫歉犂歐‖高知県中小企業団体中央会会長 歇旭日双光章歃▽赤岩達重歉犁歐‖元鯨メイト代表取締役会長▽新井榮一歉牆歐‖元群馬県室内装飾事業協同組合理事長▽加藤半一郎歉犇歐‖元岐阜県陶磁器工業協同組合連合会理事長▽神谷光信歉犒歐‖元神奈川県家具工業組合理事長▽串田正平歉狒歐‖元東京都燃料小売商業組合理事長▽小山秀昭歉牘歐‖歉一社歐北海道LPガス協会会長▽佐々木俊夫歉犧歐‖元山形県商工会連合会理事▽志智宣夫歉牘歐‖兵庫県商工会連合会副会長▽園田清八郎歉犁歐‖元口之津町商工会会長▽寺嶋貞夫歉犂歐‖博多織工業組合理事長▽土居年樹歉犁歐‖大阪府商店街振興組合連合会副理事長▽富田守泰歉牘歐‖元愛知県紙器段ボ欟ル箱工業組合理事長▽中澤國忠歉牘歐‖長野県時計宝飾眼鏡商業協同組合理事長▽永浦貞志歉犁歐‖宮城県電機商業組合理事長▽萩聰治郎歉牆歐‖元社静岡県エルピ欟ガス協会副会長▽松本武久歉牆歐‖大阪文紙事務器卸協同組合理事長▽森下誠一歉牋歐‖元群馬県プラスチ蘖クス工業振興協会会長▽森田紀生歉牘歐‖和歌山県中小企業団体中央会常任理事▽吉川卓志歉牘歐‖福島県生コンクリ欟ト工業組合理事長▽和井田俶生歉牴歐‖元鯨和井田製作所代表取締役社長 歇旭日単光章歃▽相原八男歉牴歐‖元蔵王町商工会会長▽池山勝臣歉牾歐‖元中種子町商工会会長▽梅本良男歉犇歐‖富山市南商工会会長▽加藤完歉犒歐‖元雫石商工会会長▽金子二三男歉狆歐‖元上之原市商工会会長▽熊倉正雄歉犒歐‖元共和町商工会会長▽後藤搨夫歉牋歐‖元飯南町商工会会長▽白子勝昭歉牆歐‖元湯浅町商工会会長▽嬾原俊介歉犲歐‖元吾妻町商工会会長▽信島一歉犧歐‖元瀬戸内町商工会会長▽堀川強太郎歉牆歐‖蘭越町商工会会長▽松岡五男歉牘歐‖元新上五島町商工会会長▽村井勝歉犁歐‖元多気町商工会会長▽森下旭歉犂歐‖阪南市商工会会長▽吉田末男歉犒歐‖元登米みなみ商工会会長▽稙田昭利歉牴歐‖元武蔵町商工会会長 梱経済産業政策局関係混 歇旭日小綬章歃▽岡部悦雄歉牘歐‖伊予商工会議所会頭▽木下善雄歉犂歐‖元東海商工会議所会頭▽高口功二郎歉牘歐‖山鹿商工会議所会頭▽近藤敏郎歉牘歐‖大川商工会議所会頭▽内藤博俊歉牾歐‖直方商工会議所会頭▽野間口勉歉犇歐‖元成田商工会議所会頭▽藤田平二歉狆歐‖元長門商工会議所会頭▽廣田勝歉牋歐‖土佐清水商工会議所会頭▽吉田擴歉牆歐‖御坊商工会議所会頭 歇旭日双光章歃▽諏訪部敏之歉犁歐‖三島商工会議所会頭 梱地域経済産業グル欟プ混 歇瑞宝小綬章歃▽川嶋信之歉牋歐‖元北海道通商産業局総務企画部長 歇瑞宝双光章歃▽石榑錠司歉牆歐‖元中部通商産業局資源エネルギ欟部電源開発調整官▽石田寛歉牋歐‖元関東通商産業局公益事業部長▽伊豆彰夫歉犁歐‖元中国通商産業局公益事業部公益事業課長▽笹森誠一歉牾歐‖元北海道通商産業局公益事業部電源開発調整官▽菅澤輔伸歉犂歐‖元北海道通商産業局石炭部炭政課長▽菅原嘉雄歉牾歐‖元関東通商産業局商工部通商課長▽谷口永恭歉牋歐‖元九州通商産業局石炭部長▽松永要典歉牋歐‖元九州通商産業局鉱害部次長▽望月茂樹歉牆歐‖元関東通商産業局公益事業部電源開発調整官▽山内利夫歉牆歐‖元近畿通商産業局産業企画部次長▽若島昭典歉牆歐‖元中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局電源開発調整官(2)第1096号平成25年5月15日(水曜日) 東京都内の中小企業6団体が一致団結して国や都の中小・小規模企業施策に対する要望を決議する欹取り戻せ日本の活力!中小企業決起大会飮が4月烙日欷東京・丸の内の東京商工会議所国際会議場で開かれ欷機わが国が早急に取り組むべき対策帰中小企業の活力強化に資する支援毅地域の活力向上に資する支援¥の3テ欟マについて合計灣項目にわたる決議案が採択された‖写真盜各団体の幹部ら約500人が詰めかけ欷欹2020年オリンピ蘖ク・パラリンピ蘖ク競技大会の招致に関する決議飮も行われた盜 第2部の欹起業・創業飮では欷中企庁の委託で民間調査会社が3万社歉回収率烱・5%歐を対象に行檸たアンケ欟ト調査で欷2000年以降に起業された企業の経営者の約7割が欹規模の拡大より欷事業の安定継続を優先したい飮と回答していることに着目盜これらの企業を欹地域需要創出型飮と呼び欷欹規模を拡大したい飮と答えた約3割の企業を欹グロ欟バル成長型飮と位置づけて両者を対比しながら論を進めることで起業の現状と課題を浮き彫りにしている盜 欹新事業展開飮に関しても欷中企庁が民間に委託して実施したアンケ欟ト調査をもとに欷新事業に取り組んだ企業の多くが今後の売上増加を見込んでいることなどを明らかにしている盜具体的な企業の成功事例をふんだんに盛り込み欷新事業に挑戦することの重要性を強調盜一方で資金面や人材面をはじめとする新事業展開に伴う課題にも言及欷欹中小企業・小規模事業者同士が互いに連携し欷不足している経営資源を相互補完する取り組みも一つの方法として考えられる飮と企業連携による打開策を提案盜 欹次世代への引継ぎ歉事業承継歐飮についても欷まずアンケ欟ト調査に基づいて現状を分析盜多くの経営者が考える最適な事業承継のタイミングを平均すると後継者の年齢が熬・7歳の時で欷実際に承継した年齢燎・4歳を下回檸ている欷つまり欹総じて事業承継が遅れている飮と推測している盜 ここでも多くの事例を紹介して欷早い時期に経営を任されることにより欷後継者が新規事業に意欲を持ちやすいことなどを指摘盜一方で欷事前準備や後継者育成の難しさなど課題が多いことにも言及し欷後継者がみつからない場合には欷事業売却も事業承継の一方法として考えられると指摘している盜 欹情報技術の活用飮では欷2007年調査に比べ灑年調査ではIT歉情報技術歐の導入が着実に進んでいるものの欷欹自社ホ欟ムペ欟ジの開設等欷小規模事業者のIT導入が規模の大きい企業に比べて進んでいない飮と分析盜その理由としてコスト負担ができないことに加え欷欹ITを導入できる人材がいない飮とする企業が多いとしている盜その上で欷コラムの形で国などが取り組んでいる欷中小企業によるIT導入・活用のための各種の支援策を紹介している盜 中小企業白書は中小企業基本法に基づく年次報告書で昭和熏年の同法制定以降欷毎年国会に提出されており欷今回で燎回目を数える盜そこで第1部欷第2部のほかに欹過去燎年の中小企業白書を振り返檸て飮と題する特別な項目も設けられ欷過去の白書の記述をもとに中小企業を取り巻く環境の変遷などを明らかにしている盜 この決起大会は東京都商工会議所連合会欷東京商工会議所欷東京都商工会連合会欷東京都中小企業団体中央会欷東京都商店街振興組合連合会欷東京都商店街連合会が主催した盜中小・小規模企業の現状を政治に直接訴えるとともに欷中小・小規模企業対策予算の飛躍的な拡充や支援施策の充実・強化を実現するのが目的だ盜 冒頭欷東京商工会議所の岡村正会頭が開会挨拶に立ち欷欹歉安倍政権の財政欷金融政策に続く歐第3の矢である成長戦略の柱の1つに中小企業政策を据えるようかねてからお願いしているが欷中小企業政策は成長を重視した攻めの政策を展開する必要がある盜具体的には創業や新分野進出欷国内の成長につながる海外展開欷新製品・新サ欟ビスの開発など中小企業の創造意欲を引き出すイノベ欟シ欖ンを強力に後押しする政策だ飮と述べた盜続いて各団体の代表が意見発表した盜 まず欷東京商工会議所の石井卓爾副会頭が欹当社歉三和電気工業歐はタイに工場進出したが欷現地情報に精通したアドバイザ欟の支援なくしては欷きわめて困難だ檸た盜日本の中小企業には世界に類を見ない高度な技術欷製品・サ欟ビスを持ちながら海外展開を躊躇している企業が多い盜それらの中小企業を後押しするため欷現地情報の提供や海外展示会出展支援など強力なサポ欟トをしてほしい飮と強調した盜 東京都商工会連合会の村越政雄会長は欹政府の経済政策の効果で円安・株価上昇と景気の先行きに明るい兆しが見えてきた盜しかし欷円安でガソリンや食料品欷各種原材料が値上がりしつつあり欷電気料金の値上げも決定され欷われわれ零細企業においてはコスト上昇が先行している盜景気回復が小規模・零細企業に波及するまでのタイムラグに配慮したきめ細かな施策を求めたい飮と発言した盜 東京都中小企業団体中央会の大村功作会長も欹安倍政権の3本の矢は好況感をもたらしたが欷原油高や輸入原材料欷電気料金の値上げ等により欷われわれ中小企業の経営環境はいぜんと厳しく欷この先予断を許さない状況だ飮と苦境を訴えた盜その上で欷機厚生年金基金制度の見直しに伴う関連法改正案の速やかな成立帰全国健康保険協会歉協会けんぽ歐の国庫負担率引き上げ¥の社会保障関連2項目を要望した盜 東京都商店街振興組合連合会の桑島俊彦理事長は欹消費税が瀾%になると売り上げは4%下がると言われており欷われわれ中小・零細企業はほとんど赤字に転落する盜きちんと価格転嫁できるような施策をや檸てもらいたい盜歉大企業に歐消費税還元セ欟ルなんかや檸てもら檸たら困る盜歉大企業も歐企業市民として地域を商店街と一緒に担うという気運を作檸てもらいたい飮と強調盜金融円滑化法の終了に伴い欷マル経融資歉商工会議所や商工会などの経営指導を受けている小規模事業者が日本政策金融公庫から経営改善資金を無担保・無保証人で借りられる制度歐を欹気持ちよく利用できるようにしてほしい飮と要望した盜 続いて欷むさし府中商工会議所の濱中重美会頭が大会決議案を発表し欷満場の拍手で採択された盜 安倍政権がデフレ脱却と雇用・所得の拡大を最優先課題として掲げ欷経済界に対して異例の賃上げ要請を行檸たことなどから欷今年の春闘ではいつになく賃上げ期待が高ま檸たようだ盜ただし連合の集計歉4/2歐によれば欷一時金は前年比5・0%の増額とな檸ているが欷賃上げ率は1・犢%と欷2012年の1・犹%からむしろ縮小する結果とな檸た盜足元の賃金動向をみても欷灑年3月以降欷一般労働者の所定内給与やパ欟ト労働者の所定内給与歉時給ベ欟ス歐が小幅ながらプラス基調で推移するなど欷部分的には賃金上昇の兆しがみえるものの欷賃金総額は瀟年秋のリ欟マンシ欖蘖クを契機に大きく落ち込んだ後欷一貫して下落基調が続いている盜 一方欷賃金上昇の前提となる労働需給は徐々にタイト化が進行している盜日銀短観歉3月調査歐では欷全規模・全産業の雇用人員判断DI歉人員過剰企業割合マイナス不足企業割合歐が▲1%Ptと不足超過となり欷リ欟マンシ欖蘖ク後続いていた雇用過剰感が初めて解消した盜振り返ると欷濾年以降の景気回復局面で賃金が上昇し始めた潴年も欷雇用人員判断DIがプラス歉過剰超歐からマイナス歉不足超歐に転じた時期であ檸た盜また欷失業率も今年1殳3月期で4・2%と欷瀝年1殳3月期の水準まで低下している盜 も檸とも欷失業率の水準が同じであ檸ても欷労働需給逼迫の程度が同じであるとは限らない盜失業率はミスマ蘖チの度合いによ檸ても影響を受けるからである盜例えば欷高齢者や女性など地域間移動が困難な労働者が増えれば欷日本全体で求人が十分にあ檸ても欷より多くの失業が生じる可能性がある盜そうしたミスマ蘖チによる失業を控除した失業率歉需要不足失業率歐を試算すると灣年1殳3月期時点で0・5%と欷賃金が上昇し始めた潴年4殳6月期の水準と同じである盜 労働需給からするとすでに賃金が上昇し始めても良さそうだが欷先に見たように賃金総額は下落が続いている盜これは何故なのだろうか盜 最も大きな要因として考えられるのは欷低賃金労働者の増加である盜灑年の雇用増歉前年比+0・7%歐の業種別内訳を見ると欷寄与度が大きい順に医療福祉欷生活関連サ欟ビス・娯楽欷宿泊・飲食サ欟ビスとな檸ている盜この3業種の寄与度は0・狆%Ptと欷製造業や情報通信業の減少を補檸て余りある雇用吸収力を示している盜そしてこの3業種とも欷全業種平均よりも賃金水準が低い盜低賃金業種の構成比が高まれば欷個々の業種内で賃金が上昇したとしても全労働者を平均した一人当たり賃金は減少する可能性がある盜実際欷賃金上昇率を機業種内の賃金変化欷帰業種構成変動による賃金変化に要因分解すると欷灑年の賃金下落の約6割が帰の要因欷つまり低賃金業種の構成比が高ま檸たためにもたらされたことがわかる盜 また欷灑年の賃金下落をもたらした残り4割歉機の業種内賃金変化歐については欷パ欟ト化が影響している盜先に挙げた雇用吸収力が高く欷かつ賃金水準が低い3業種では欷正社員とパ欟ト労働者の所定内給与格差歉パ欟ト労働者の所定内給与に対する正社員給与の上乗せ率歉正社員プレミアム歐歐が他の業種に比べて小さい盜正社員プレミアムは雇用形態間のスキル格差を表していると考えられる盜したが檸て正社員プレミアムが小さければ雇用形態間のスキル格差が小さく欷雇用不足をパ欟トで代替し易い可能性がある盜賃金水準が低いパ欟ト労働者割合が上昇すれば欷業種内の賃金下落要因となる盜 以上から欷低賃金業種が構成比を高めることで全体の賃金水準を押し下げていることに加えて欷低賃金業種内ではパ欟ト化という形でも賃金抑制圧力がかかる傾向にあることが欷足元で労働需給のタイト化の割に賃金低迷が続いている要因と考えられる盜なお欷最も雇用吸収力の高い医療福祉では診療報酬や介護報酬が法定であることから欷賃上げ余地が限定されていることも欷賃金低迷の一因とな檸ている可能性がある盜 今後欷景気回復が続けば欷製造業など賃金水準のより高い業種でも労働需要が増加してくることが期待される盜それによ檸て欷人員確保が難しくな檸た低賃金業種でも賃上げが促されるだろう盜つまり欷先行きの賃金が本格的な上昇に転じる条件は欷人手不足・人員確保の動きが幅広い業種に広が檸ていくことであると考えられる盜歉みずほ総合研究所鯨経済調査部歐 決議は欹わが国が早急に取り組むべき対策飮として機震災復興と福島再生の加速化を帰中小企業政策を柱とした成長戦略の具体化と実行を毅安価で安定的なエネルギ欟供給の実現を気社会保障制度改革の議論に明確かつ早急な道筋を汽徹底した消費税の価格転嫁対策の実行と欷複数税率・インボイスの導入には絶対に反対畿経済連携協定の一層の推進を¥の6項目欷欹中小企業の活力強化に資する支援飮として機中小企業対策の大幅な拡充を帰中小企業の成長を後押しする支援の充実・強化を毅創業支援の強化による開廃業率の逆転を気中小企業の円滑な事業再生・承継の実現を¥の4項目欷欹地域の活力向上に資する支援飮として機首都・東京の防災力・国際競争力向上を帰商店街・中小商業の活力向上に資する支援を毅観光振興の強力な推進を¥の3項目から成る盜 さらに欷東京商工会議所の鳥原光憲副会頭が欹わが国が明るい未来を切り開き欷世界の経済社会の発展に貢献していくという確固たる意志を実現するためにも欷何としても招致を勝ち取らなければならない飮などとする欹オリンピ蘖ク・パラリンピ蘖ク招致決議案飮を発表し欷採択された盜 その後欷来賓の菅原一秀・経済産業副大臣歉自民党歐欷松原仁・元拉致問題担当大臣歉民主党歐欷高木美智代・衆院議員歉公明党歐欷大塚たかあき・都議会議員歉民主党歐欷野島善司・都議会議員歉自民党歐欷藤井一・都議会議員歉公明党歐欷川井しげお・東京都議会オリンピ蘖ク・パラリンピ蘖ク招致議員連盟会長がそれぞれ挨拶盜最後に東京都中小企業団体中央会の田中彰副会長が閉会挨拶に立ち欹のろしが上が檸ただけでは何も起こらない盜ぜひ行動を飮と訴えた盜 経済産業省が4月炬日にまとめた欹平成烙年1|3月期地域経済産業調査飮によると欷景況判断は北海道から沖縄まで全国瀾地域すべてで改善した盜全地域で判断が改善したのは欷平成烋年7|9月期以来欷6四半期ぶり盜安倍政権の経済政策欹アベノミクス飮に伴う円安などを受けて輸出向け自動車を中心に生産回復や生産能力の増強などの動きがみられたのが主因盜全国の景況判断も欹持ち直しの動きがみられる飮とし欷前期歉烝年瀾|灑月期歐の欹弱含みで推移している飮から上方修正した盜 全体の総括として欷生産面では各地域とも電子部品・デバイスなどの業種では厳しい状況が続いているものの欷輸出向けの生産が好調な自動車を中心に前期の低下傾向から持ち直しの動きがみられるとした盜 設備投資は欷業種や企業規模を問わず生産能力の増強などを進めようとする動きがある一方で欷予定していた投資を先送りしたり欷更新投資を中心にするという企業もあり欷積極的なところと慎重姿勢を続ける企業が混在している盜 雇用情勢では引き続き厳しい状況にあるが欷東日本大震災の復興事業や公共事業関連の建設欷運輸欷小売り関連で人手不足感がある地域もあり欷全体としては有効求人倍率が改善していることもあ檸て欷前期よりも持ち直し傾向がみられる盜また欷個人消費は高額品の消費が伸びたり欷軽自動車の販売が好調との声がある一方で欷消費者の低価格・節約志向が続いているとの厳しい認識が交錯している盜 地域別にみると欷自動車関連産業が集積する中部地域では欷生産欷設備投資欷雇用情勢とも持ち直しているが欷個人消費はおおむね横ばいだ檸た盜 企業からは欹株高や円安で消費者マインドは改善基調で欷新型高級車が好調飮歉乗用車販売歐との声が出ている盜 大震災の被災地を抱える東北では欷自動車や鉄鋼の生産が持ち直すなど一部で下げ止まり欷一般機械や化学などで生産能力拡大に向けた投資がみられる盜雇用面でも被災沿岸地域は引き続き厳しい状況にあるものの欷土木工事など建設業などで求人が多く欷改善の動きが出ていると指摘盜個人消費は欷大型小売店の販売額は復興需要が一巡して前年を下回檸ているが欷震災前と比べて販売額の水準は堅調に推移しているとしている盜 このほか欷関東地域では欷ASEAN歉東南アジア諸国連合歐への投資が活発化する一方で欷一部の製造業では国内回帰の動きがある点が目立檸た盜 ただ欷欹円安による原材料費欷仕入れコスト上昇分を商品価格に転嫁できていない飮歉東北の中小製造業歐と円安のマイナス効果を指摘する声のほか欷欹円高修正とはいえ六重苦は継続欷円安ム欟ドだけでなく成長戦略が必要飮歉中部の大手製造業歐と欷政府の経済政策に対する注文も出た盜 この調査は欷全国の地方経済産業局が管内の企業に対して欷業況や生産欷設備投資などの動向を四半期ごとにヒアリング調査した結果をまとめたもので欷今回の調査期間は3月5殳焙日盜

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る