第32期中小企業診断士養成課程トピックス
4/12

実習前の足慣らし頭慣らし(令和元年10月26日更新) 初めての実習まで残り2週間を切り、32期生は流通業経営診断実習をイメージして取 り組まなくてはならない実践的な内容の演習を続けて受講しています。特にこの時期の カリキュラムは日曜日以外に演習が入っているので、すでに実習期間中のような雰囲気 も漂ってきています。 本日の演習は、店舗施設マネジメント演習です。32期生は休日に街に出て、流通業の先進事例を調査し、その結果を使ってケース企業の課題解決に役立つような提案を策定し発表しました。まさに実習を先取りし、足を使った調査が大きな鍵となる演習のひとつです。事例を使った机上演習から実際の企業での実習までのおおきな隔たりを埋めるためには欠かせない実習前の足慣らし頭慣らしです。 来週には実習先が発表され、さらに本番への期待と不安が高まります。限られた時間の 中で、知識補充のための読書も欠かせませんし、実習先の周辺調査で足を運ぶことも欠 かせません。演習と現場をつなぐ体験をすることで、実習だけではなくその後の中小企 業支援の現場でも役立つスキルが、積み重ねられていくのです。 店舗施設マネジメント

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る