第31期生中小企業診断士養成課程トピックス
7/15

現場を想定した試行錯誤の日々(令和元年6月12日更新) 初めての実習を終え、3日間の休日でリフレッシュした31期生は、早くも2回目の製造業経営診断実習に備えた演習に入りました。 現在取り組んでいる演習は、主に運営管理と経営情報システムに関わる製造業の現場を診断するための知識とスキルのブラッシュアップです。どちらの分野も苦手とする人が多いだけに、盛りだくさんの課題をひとつひとつクリアしなくてはなりません。 演習でのグループ分けは実習班と同じメンバーで構成されており、実習先企業の業種や業態を想定して、段階的に課題に取り組んでいます。どの調査手法・分析方法が最適なのか、実際の診断ケースを読み解きながら試行錯誤を繰り返すことで、実践力を身につけていきます。 QC(品質管理)

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る