第31期生中小企業診断士養成課程トピックス
3/15

複眼の発想(平成31年4月17日更新) 31期生の学ぶ内容にも、徐々に変化が現れてきました。基礎的な内容から、実習を踏まえた応用への序章的な内容に切り替わってきたのです。 先週末から取り組んでいる経営戦略に関わる複数の演習では、後半の経営診断2のステップで使われるプロセスやフレームを用いて、本格的な経営診断~戦略策定の全体像を学んでいます。 本日はその最終段階の経営戦略策定演習です。およそ1週間という短期間に、個人ワークからグループワーク、そしてグループ発表と質疑応答、さらには講師からのフィードバックが3回繰り返されます。多面的に意見を取り入れながら複眼の発想が身についていきます。 この間、グループメンバーは固定されているので、チームワークは抜群です。お互いの気づきを共有し、新たな発見を取り入れてすぐに応用することで、ぐんぐんと理解が進んでいきます。 計数マネジメント

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る