第31期生中小企業診断士養成課程トピックス
10/15

精悍な表情への進化(令和元年7月24日更新) 31期生は、養成課程の折り返しを越え、経営診断2のステージに入っています。明後日には、中期経営戦略と課題解決策を盛り込んだ報告書を携えて、経営戦略策定実習の報告会を迎えます。 3月末の開講からおよそ4ヶ月が経ちました。習得すべき知識とスキルのハードルが大きく上がるため、31期生もハードな学びに悲鳴をあげていると思いきや、実習教室の中では、それぞれの実習班は着々とスケジュールをこなし、高いレベルの報告書を仕上げてきています。 そんな実習教室の中で、ひときわ目を引くのが一人一人の表情の変化です。最初の2回の実習では、どこか不安げでもあり、自信がなさそうな印象もありました。しかし、3回目のこの実習では、個々の自主性も育ち、率先して次のタスクをこなそうとする前向きな姿勢が目立ち、その表情にも精悍さが見られるようになりました。4回目、5回目と実習が進むにつれ、よりその表情はたくましくなり、頼もしく見えるようになるはずです。 戦略策定実習Ⅰ(流通業)

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る