さんぽう通信2016
6/53

さんぽう通信28年5月15日号さんぽう通信第83号平成28年5月15日発行中小機構四国本部バックナンバーはこちら(中小機構四国WEBサイト内)→http://www.smrj.go.jp/shikoku/area/089673.html1【認定事業者紹介:株式会社泉源(徳島県)】認定商品・うつぼだしパックをJR徳島駅地下で先行販売中!平成27月7月14日農商工等連携事業計画認定徳島県牟岐町創業150年の歴史を持ち、魚の干物の製造・販売を手掛ける㈱泉源は昨年度「未利用魚のウツボを活用した『粉末ダシ』と『魚醤』の開発・製造・販売」で農商工連携事業計画の認定を受け、認定商品の開発を進めてきました。そして、4月2日からはJR徳島駅クレメントプラザ地下1階の県特産品等の販売店「菜果実屋」で認定商品「うつぼだしパック」の先行販売をスタートしました。うつぼは古くから栄養豊富でおいしい魚として同社の地元で利用されてきましたが、一般的な魚と異なり、身の中に硬い骨があるため調理が難しく、珍味で利用されるほかは一般の市場に出回ることはありませんでした。一方で一般的な出汁に使われるカツオ出汁と同等以上のコクや旨みがあることから今までにない出汁として開発を進めてきたものです。ウツボを出汁にするまでには「さばき」「洗い」「茹で」「天日干し」「炭火乾燥」「仕上げ」と通常の出汁よりも多くの工程が必要で、熟練の技と時間をかけて丁寧に作り上げています。使用方法としては、麺類、お吸い物、鍋つゆの他、炊き込みご飯など色々な料理でお使いいただけます。使用説明書もついていますので新しい出汁に興味のある方は一度お試しください!今後は市場の反応を見ながら売り方等にさらなる工夫を重ね、商談会・展示会からの販路開拓を進めていきます。なお、パッケージに使われている猫(いず坊)のデザインは、あらゆる形態のパッケージデザインを対象とする世界的な表彰制度「ペント・アワード」で銅賞を獲得している折り紙つきで、“いず坊”シリーズを形成していますので、パッケージデザインにも今後ご注目ください!店頭に並んだ「うつぼだしパック」【名称】うつぼだしパック【価格】2,160円(税込)【原材料】ウツボ節(国産)、昆布(国産)、干し椎茸(国産)【内容量】10g×10袋【㈱泉源のWEBページ】http://izugensakana.com/【今月号の目次】(1)【認定事業者紹介】・・・・・P.1◆株式会社泉源:うつぼだしパックをJR徳島駅地下で先行販売中!(2)【施策情報】・・・・・P.2~4◆中小機構販路開拓支援ブースの出展社を募集中◆東急ハンズのバイヤーを招き販路開拓セミナー&個別商談会を開催(6/3締切)◆全国キャラバン食の発掘商談会を岡山でも開催(7/29締切)◆中国消費者向け商材を求める大手商社との商談会を東京で開催◆山口・広島でネットショップ運営のためのECセミナーを開催◆いい会社作り勉強会in四国として㈱スワニーを訪問します(7/6締切)(6/14最終締切)

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る