さんぽう通信2016
11/53

さんぽう通信28年6月15日号中小機構四国本部さんぽう通信2中小企業施策イベント報告等目指せ!地産地商商談会2016(食品編)を開催しました!商談スキルのアップを図る事前勉強会も開催しました!中小機構四国では、6月6日に高松市内のホテルにおいて三法認定事業者の皆様を対象とする販路開拓企画「目指せ!“地産地商”商談会2016(食品編)を開催しました。「地元で作り、地元で売る。そして地元から全国へ発信していく」をコンセプトとする商談会の開催は昨年10月に引き続いて今回が2回目で、四国・岡山の百貨店7社に加え、四国のGMS・スーパー3社など、計16社のバイヤーと認定事業者19社が参加し、持ち時間20分で個別商談を行いました。本商談会は商談スキルのアップを図るための事前勉強会を四国4県で開催した点が特徴で、参加認定事業者は元大手百貨店バイヤー出身の専門家を相手に本番同様20分の持ち時間で模擬商談を行い、本番でのPR方法などについてアドバイスを受けたうえで、本番に臨んでいただきました。認定事業者からは事前勉強会について「本格的な個別商談は初めてなので、商談に持ってくるべきものなど、細かく指導してもらえて助かった」(愛媛県・無双社の中矢安彦社長)との声をいただいており、また商談会本番についても「レベルの高いバイヤーといい商談ができ、非常に満足している」(香川県・共栄食糧の金森久取締役営業部長)と一定の収穫があった様子。参加したバイヤーからも「非常に面白い商材があったので、一度企業を訪問する予定。他にも色々紹介してもらいたい」「地産地消をテーマに商材を集めているので、今回のような商談会が定期的にあるとありがたい」と今後への期待の声をいただきました。中小機構では、今後も年に1回程度は今回のような地元密着型の商談会を開催していければ考えていますので、ふるってご参加ください!中小機構専門家(写真右側)がバイヤー役を務め、本番さながらの模擬商談を行いました商談の合間に名刺交換や商品紹介を行う交流タイムを設けました東京と福岡でミャンマー地方企業CEO商談会を開催します!(東京は7/1、福岡は7/8締切)中小機構では、マンダレーなどのミャンマー地方企業との商談会を開催します。今回は、国際協力機構(JICA)及びミャンマー日本人材開発センター(MJC)との共催により、JICA及びMJCが実施する「経営管理研修」を卒業したミャンマー企業経営者等との商談会です。商談先の業種・属性は、建設、エネルギー、医療機器、食品機械、産業機械の企業経営者等、工業団地及び地方商工会議所の責任者です(詳細は募集ページで参加ミャンマー企業一覧を参照)。商談には全席通訳を設置し、海外展開の専門家によるサポートもあります。また、ミャンマー等への進出支援を行っている支援機関・団体による個別相談会も会場内で行っています。詳細はお問い合わせの上、参加をご検討ください。【問合せ先】※交流会に参加される方は、参加費3,000円をご負担いただきます。ミャンマー地方企業CEO商談会&セミナー事務局担当:市川、土山TEL:080-9286-6818(平日:10時~17時)Email:myanmar-ceo@shinnwa.jp【詳細・申込みページ】http://www.smrj.go.jp/ceo/myanmar/index.html会場開催場所開催日プログラム東京秋葉原UDXビル4階Gallery東京都中央区神田4-14-1秋葉原UDXビル平成28年7月26日(火)・ミャンマービジネスセミナー(10時半~12時)・ミャンマー地方企業CEO商談会(13時~18時)・ミャンマー地方企業CEO交流会(18時半~20時)(※)福岡天神スカイホール(西日本会館16階)福岡市中央区天神1-4-1平成28年7月28日(木)・ミャンマービジネスセミナー(10時半~12時)・ミャンマー地方企業CEO商談会(13時~16時)・ミャンマー地方企業CEO交流会(16時半~18時)(※)中小機構専門家が同席のうえ商談を行いました

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る