2019年度 四国逸品すとーりー
29/48

27長尾織布 合名会社〒779-3121徳島県徳島市国府町和田189TEL:088-642-1228Mail:orife@bronze.ocn.ne.jphttp://www.awa-shijira.com美しい色彩で織られた生地は、シボと呼ばれる凹凸で独特の風合いのたたずまい。阿波しじら織は明治維新の頃から続く伝統技術。阿波安宅村の織女、海部ハナが、雨に濡れそぼって縮んだ布の凹凸をヒントに苦心研究の末に考案したとされます。織った布を熱湯にくぐらせ乾燥すると、経糸の張力差により鮮やかなシボが浮き上がります。さらりとして肌ざわりよく、軽く涼しいのが特長。阿波藍を使った織物は国の伝統工芸品指定。絹混阿波しじら織り〔希望小売価格〕 税込27,000円(本体価格25,000円)〔内容量〕1 反:13m×38cm〔原材料〕経糸(たていと):綿100%     緯糸(よこいと):絹100%■ さらりと涼しい■ 衣料品の生地として■ 雑貨やインテリア製品にも鮮やかなシルクを「しじら織」で23徳島雑貨

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る