サポイン倶楽部 正会員リスト
165/200

専務取締役 白江 肇英万個/月県工場県工場E-mail認定分野業 種事業内容主な製品主要取引先主要設備生産能力担当者電 話FAX連絡先2351銑鉄鋳物業材質:FC250・FC300・FCD400~FCD700・GM241・フレームハード鋳鉄など2D図から発泡模型を作製し、鋳造品を短納期で製造鋳造認定番号認定計画名サポインネットワーク倶楽部  正会員  企業概要従業員数43人企業名住 所代表者URL設 立三重県伊賀市予野西出2624会員ID〒518-11521955年資本金http://www.koyochuzo.co.jp48百万円生産拠点海外拠点自社PR設備名型式・能力メーカー台数 M-013中部090834平成21年度補正予算戦略的基盤技術高度化支援「鋳鉄製プレス金型の鋳造歪抑制による加工代低減の技術開発」風力発電用ギヤケース(5,000Kg) 自動車用プレス金型(100Kg~8,000Kg)一般産業機械(300Kg~10,000Kg)0595-39-00800595-39-0081H.shirae@koyochuzo.co.jp光洋鋳造株式会社 [こうようちゅうぞう]代表取締役社長 白江 豊弊社は、お客様から頂いた2Dデータを3次元モデルにします。出来たモデルをメールで送ることにより、お客様のパソコンで形状・寸法などチェックが可能です。チェックして頂いた製品を模型にする為、マシニングを活用し自社で発泡スチロールブロックの切削加工、組立、寸法検査をします。データから鋳物まで一貫生産している為、QCDでは、お客様にとって良いパフォーマンスを提供致します。平成21年戦略的基盤技術高度化支援では、「鋳鉄製プレス金型の鋳造歪み抑制による加工代低減の技術開発が委託事業として認定されました。この事業では、鋳造に置ける歪みを低減させることにより、加工代半減を目指します。それにより、お客様には重量軽減によるコスト削減、加工工数の低減、加工工具の長寿命化、機械加工に必要なエネルギー低減による環境にやさしい製品の提供を致します。

元のページ  ../index.html#165

このブックを見る