沖縄プロデュース2020(電子ブック)
14/48

OKINAWA PRODUCE 2020 12成長・注目事業者①できました。泡盛の割材にもこだわり、沖縄の地下から取水した、ミネラル豊かな「陸地珊瑚礁浸透古代海水」を使用することで、さらに芳醇な味わいへと進化させました。Q 販路開拓について 「泡盛BONBONショコラ」を全銘柄取り扱っているのは、県内では直営店のみです。2018年に、阪急うめだ本店「バレンタインチョコレート博覧会」に出店を果たし、翌19年には、東武百貨店池袋店や伊勢丹新宿店へと、県外催事への出店を増やしています。バレンタインに向けて、どれだけ一挙に供給できるかが勝負どころです。百貨店の売り場では、売り子さんに琉装をさせるなど、沖縄色を前面に出してインスタ映えを狙いました。 また、インバウンドなどの観光客を対象とした需要の開拓にも力を入れており、県内大手ホテルには、オリジナルの泡盛BONBONショコラを提供しています。他にも、宿泊客へのウェルカムスイーツの依頼があり、BONBON以外の商品を開発・提供しています。Q どのような事業ですか? 1975年創業の菓子製造、小売業です。チョコレートを主力商品と位置づけ、暑い沖縄でも美味しく食べられる商品の開発に力を注いできました。1996年に開発した、伝統菓子のちんすこうにチョコレートをコーティングした「ちんすこうショコラ」は、観光土産品として人気商品となっています。さらに、県外市場に向けて、沖縄の地域性を活かした商品の開発に取り組み、2018年、県内46酒造所の泡盛を使った、「泡盛BONBONショコラ」を商品化しました。Q ブランディングへの取り組み まずは、県外の大手百貨店へ商品を安定供給できるよう、機械化を図るなど生産性の向上に着手しました。その上で、阪急百貨店でのバレンタインの催事に向けた「泡盛BONBONショコラ」のブランディングに取り組みました。沖縄独自の地域資源である泡盛ですが、全酒造所の泡盛を揃えることで、さらに付加価値を高めることができます。様々な困難がありましたが、全酒造所の協力を得て商品化を実現することがQ 今後の展開は? 古酒から女性向けの柑橘類などをブレンドした泡盛のリキュールまで、BONBONのバリエーションを広げています。開発の可能性は限りなくあると思います。 中には、泡盛の味をBONBONを通して初めて知る方もいらっしゃいます。泡盛業界と共に発展できたら理想的です。 また、ニュージーランド産のマヌカハニーを使った焼き菓子の商品開発を進めています。「女性に人気があり、健康志向の流れにあっている」という評価を得て、JRナゴヤタカシマヤのバレンタイン催事への出店が決まりました。ゆくゆくは海外への展開も視野に入れています。チーフアドバイザー:並木 万希沖縄文化の魅力を伝える泡盛を活用した商品企画力に加え製造技術・供給力を備え、全国・海外のハイブランドが並ぶチョコレート市場への本格的な進出が期待されます。株式会社ファッションキャンディ代表取締役 知念 律子〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山2-21-22Tel:098-897-5194 Fax:098-897-1030https://www.fashioncandy.co.jp/県内全酒造所の泡盛が 「泡盛BONBONショコラ」に!その味と香りが世界へとはばたく専門家コラムexpert column沖縄本島・離島を含む46もの蔵元。その各酒蔵所を代表する泡盛を集め、その味と香りをチョコレートにとじ込めた溢れだす泡盛と、カカオ70%のとろけるダークチョコレートの絶妙な調和が楽しめる【事業概要】泡盛BONBON ショコラの販路拡大等活用する地域資源:泡盛

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る