販路開拓コーディネート事業事例集
83/120

【事業内容】先染綿織物(播州織)の卸販売【創立】1948年【所在地】兵庫県【資本金】1,000万円【従業員数】23名【支援商品】婦人用オリジナルブランド「hatsutoki」兵庫県北播磨地区で200年以上の歴史をもつ「播州織」の伝統を活かした上質なアパレルアイテムです。極細糸を使用し、しっとりとした上質な仕上がり、糸を染めてから織る“先染め”製法により光沢感としなやかさ、深い陰影を出せます。デザイナーが生地づくりから生産まで一貫したものづくりを行っています。企業概要‣支援の経緯‣販路開拓面での課題【具体的な成果】・受容性の把握…百貨店と通販会社ではブランド、商品ともに受容性ありと評価されました。セレクトショップでは自社商品とバッティングするため受容性はありませんでした。・顧客要望の整理と対応…百貨店では品質管理証明の要望があったため、色落ちや滑脱検査(縫い目が開かないか)等の検査データを提出しました。通販会社ではサイズの変更要望があり、ワンサイズ大きめの商品を用意しました。・ネットワーク構築…有名百貨店の旗艦店統括婦人服バイヤーとのネットワークとクオリティの高さで評判の高い大手通販カタログ会社とのネットワークが構築できました。【今後の取り組み】・百貨店では支店へのアプローチにより取扱店舗を拡大していきます。・百貨店、通販ともに、秋冬の提案についても早めにすり合わせを実施していきます。・中長期的には、「hatsutoki」ブランドの確立につながる販路に絞り込みながら、費用対効果を考慮した着実な事業展開を目指します。‣第3段階:成果のまとめと今後の取り組み‣第1段階:テストマーケティングの準備‣第2段階:市場での仮説検証「販路開拓コーディネート事業」支援事例~島田製織株式会社~平成27年、地域資源活用事業に認定されています。首都圏市場への販路開拓を要望されたことから近畿本部の紹介で支援に至りました。チーフアドバイザーとマーケティング企画のブラッシュアップを行い、プレゼン資料を作成しました。<想定ターゲット>百貨店、セレクトショップ、通販会社<仮説内容>ナチュラルで上質なライフスタイルを好む女性を対象とした価値を感じてもらえる。3名の販路開拓コーディネーターと5社に8回の同行訪問を行いました。<テストマーケティングの内容>支援目標を、①想定ターゲット分野別の商品評価及び受容性の把握、②顧客要望の整理と対応策の検討、③業界内ネットワークの構築とし、サンプルを提示しながら提案活動を行いました。<仮説の検証結果>・百貨店では、コンセプト、商品の完成度ともに高評価を得、取引口座開設までに至りました。・セレクトショップでは、商品レベルは充分通用するものの、すでにミセス向けには競合商品があり取り扱いは難しいことがわかりました。・進捗結果:受注1社(素材にこだわった商品を取り扱う通販会社)<新たな課題>・ニーズが顕在化している分野への営業集中・商品企画および商談実施サイクルの確立当商品の有効なターゲット市場を見極め、戦略的な営業展開を図ることが課題となっていました。73

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る