販路開拓コーディネート事業事例集
32/120

【事業内容】各種水門設計・製作・据付工事【設立】1952年4月【所在地】広島県【資本金】2,000万円【従業員数】20名【支援商品】水道水圧式及び浮力式防水板「アクアシャッター」水道水の圧力で短時間に起立し、女性・子供でも簡単に操作ができます。「水道水圧シリンダー式防水板」と浸水する水の浮力で人がいなくても自動で起立し、水位が下がれば自動で倒伏する「浮力式防水板」があります。‣販路開拓面での課題【具体的な成果】・建築物には新規・既存に関わらず防水板の設置が必要な箇所数が多くあります。警備員が常駐しておらず24時間対応が困難な事業所、特に高級商品を取り扱っていたり重要設備があるところで、浸水被害が事業継続への悪影響をもたらし、ブランドイメージ棄損につながると考えるオーナーへのアプローチが効果的であることがわかりました。・機械式駐車場、なかでも地下に収納する駐車場の付帯設備としてのニーズがありました。住人の合意が不可欠な既存マンションの駐車場よりも、新設の機械式駐車場に導入可能性の高いことがわかりました。【今後の取り組み】・販売面・・・アプローチ企業数社から代理店として製品の取り扱いの意向があり、今後これら企業の問合せに迅速な対応をするため関東地区担当の営業要員の確保に努めます。・製品面・・・中長期的な観点から、標準品開発によるコストダウンや簡易施工による短納期化など、製品と施工の両面から導入しやすい製品の開発を目指します。「販路開拓コーディネート事業」支援事例~株式会社宇根鉄工所~‣支援の経緯‣第1段階:テストマーケティングの準備‣第2段階:市場での仮説検証‣第3段階:成果のまとめと今後の取り組み企業概要4名の販路開拓コーディネーターと6社に16回の同行訪問を行いました。<テストマーケティングの内容>支援の目標を、①新規建築物と既存建築物、それぞれに参入するための効果的アプローチ方法の習得、②建造物の種類による防水設備に対するニーズの明確化とし、活動しました。<仮説の検証結果>・防災専門会社、不動産会社、設計事務所でも防水板は認知されていないことがわかりました。・地下の機械式駐車場では浸水防止需要がありました。特に浮力式は他社にないことから高い評価を得ました。・他の防水板に比べて割高のため、角落とし方式の2倍以内に収めること、工事面でもコストダウンが求められました。・進捗結果:販売提携1社(駐車場のメンテ企業)<新たな課題>・低価格で短納期対応の簡易設置タイプの開発・代理店の活用及び営業体制強化による関東地区での実績の蓄積中小機構中国本部からの推薦を受け、関東本部での支援をスタートしました。これまで地下鉄や地下道入口など公共施設のインフラ分野へアプローチをしてきました。しかし、具体的検討までに時間がかかります。いかに民間需要の獲得をしていくかが課題になっていました。チーフアドバイザーとマーケティング企画のブラッシュアップを行い、プレゼン資料を作成しました。<想定ターゲット>・低海抜地域に物件をもつ建造物管理会社、不動産会社、立体駐車場運営会社・地下駐車場、マンション、病院、工場等の建設に関わるデベロッパー、設計事務所やゼネコン<仮説内容>・安全対策と資産価値向上が図れる。・入居者への安全・安心をアピールできる。22施工例

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る