販路開拓コーディネート事業事例集
104/120

【事業内容】抗酸化工法住宅建設・リフォーム【設立】1995年【所在地】北海道【資本金】1,000万円【従業員数】9名【支援商品】高清浄環境システム「どこでもクリーンルーム」北海道大学と当社が共同開発した高清浄環境システム(特許取得済)です。工場等の既存施設にガス交換ボックスを取付け、既設のエアコンのフィルターを利用することで、発生した塵埃・菌を除去します。クラス100レベル(病院の手術室のクリーン度)のクリーン化を低コストで実現できる画期的なシステムです。‣販路開拓面での課題【具体的な成果】・現在の食品工場における主なテーマ(品質管理の向上、歩留まり率の向上など)に適合するため、潜在的に大きな需要が見込まれることがわかりました。・初期導入・ランニングともに低コストで施工できるため、大手の食品会社からOEM委託先(中規模の食品加工メーカー)へ紹介しやすいという評価を得ました。【今後の取り組み】・.実証実験先の開拓による各種エビデンスの整備、説明資料の充実を目指します。・食品周辺業界(健康食品、サプリメントなど)や、工場の製造エリア以外(資材倉庫、商談室、通路など)における可能性を探索します。・アライアンス先の開拓(フィルター業者、食品設備業者など)で販売力の強化に努めます。「販路開拓コーディネート事業」支援事例~飛栄建設株式会社~‣支援の経緯‣第1段階:テストマーケティングの準備‣第2段階:市場での仮説検証‣第3段階:成果のまとめと今後の取り組み企業概要4名の販路開拓コーディネーターと10社に13回の同行訪問を行いました。<テストマーケティングの内容>支援目標を、①食品を製造・加工している中規模以上の企業における現状把握、②製品の受容性、③製品課題とし、活動しました。<仮説の検証結果>・食品工場では、品質管理の厳格化や歩留まり率向上を図るためにクリーンルーム化の必要のあることを確認できました。・食品工場で品質問題が起こった時、後付けで短期間かつ低コストで環境改善対策が取れることに高い評価を得ました。・想定していなかった間接部門における環境改善にも需要可能性を見出すことができました。・進捗結果:見積書提出1社<新たな課題>・清浄度UPおよび、浮遊菌・落下菌自体の減少効果のエビデンス取得・CO2濃度低減メカニズムの理解を促進させる説明資料の充実・営業体制強化による受注対応力の向上北洋銀行ものづくりテクノフェアに出展された際、首都圏での販路開拓に関心を示され、支援をスタートしました。チーフアドバイザーとブラッシュアップを行い、ターゲットと仮説を次のように設定しました。<想定ターゲット>中規模の食品加工会社、ゼネコンの研究部門、エンジニアリング会社(代理店候補)<仮説内容>・コストを掛けずに、後付けでクリーンルーム化したいという需要が存在する。・新技術で抜本的な衛生・品質管理の定着を図ることができる。・独自性の高い製品なので、エンジニアリング会社にとって新たな提案商材として認知される。画像面既存施設のクリーンルーム化例新市場の開拓を目指すにあたって、どの分野を狙うのかの絞り込みや、どのようにアプローチするかが販売面での課題になっていました。94

元のページ  ../index.html#104

このブックを見る