販路開拓コーディネート事業事例集
102/120

【事業内容】空気消臭・除菌装置「マスククリーン」の企画・販売【設立】2011年【所在地】福岡県【資本金】1.000万円【従業員数】10名【支援商品】空気清浄・除菌装置「マスククリーン」独自技術の低温高速溶射技術で高純度な光触媒被膜を実現しました(特許取得済み)。抗菌金属をプラスしたハイブリッド光触媒で消臭に加え除菌にも対応しています。日本アトピー協会推薦品です。‣販路開拓面での課題【具体的な成果】・ホテルにおいては安全性、常設での効果の有効性、メンテナンスの容易さ等が評価されました。保育施設では、アトピー協会推薦などが高く評価され、受容性のあることが検証されました。・ホテルではスペース効率を高める必要から縦型据え置きタイプへの改良が求められました。・全国ネットワークを有する保育施設向け用品商社や都心の有名ホテルとのネットワークを構築できました。【今後の取り組み】・今回商品を導入したホテルで効果情報を収集しながら、効果的な商品の使い方の確立を目指します。・ターゲット市場別に、使用者のメリットを重視したパンフレットづくりを進めます。・ホテル市場でニーズのある、省スペース性を重視した縦型据え置きタイプの開発を検討します。「販路開拓コーディネート事業」支援事例~株式会社マスクフジコー~‣支援の経緯‣第1段階:テストマーケティングの準備‣第2段階:市場での仮説検証‣第3段階:成果のまとめと今後の取り組み企業概要6名の販路開拓コーディネーターと7社に15回の同行訪問を行いました。<テストマーケティングの内容>支援目標を、①ホテル、保育施設の実態把握と当社商品の受容性検証、②商品等の改良点の把握、ターゲット市場における人的ネットワーク構築とし、活動しました。<仮説の検証結果>・ホテルの消臭ニーズに対しては、作業性の良さに高い評価をいただけた一方で、競合品と比べて即効性で劣るという指摘がありました。・ホテル客室等への据え置き型としてテストした結果、期待以上の効果が認められました。・保育施設ではテスト使用の結果、除菌効果が認められました。・進捗結果:受注3社、モニター実施1社<新たな課題>・設置場所に応じた効果的な使い方の提案・マーケティングツールの見直し・より使いやすい形状の商品開発マーケティング企画のブラッシュアップと首都圏への販路開拓を希望され、九州本部からの依頼で支援に至りました。これまで当社は、九州地区での営業展開が中心でした。今後、事業の更なる成長を図るためには、首都圏への市場開拓が不可欠となっていました。マーケティングのブラッシュアップを行い、ターゲットと仮説を次のように設定しました。<想定ターゲット>ホテル、保育施設<仮説内容>・ホテルではオゾン脱臭機と異なり有害性がなく、安全に消臭作業ができ、業務効率がアップする。・保育所では、高いアレル物質分解能力とインフルエンザウイルスにも効果を発揮する(実証データあり)ことから、幼児を預ける親に安心を提供できる。MaSSC CLEAN MC-T10192

元のページ  ../index.html#102

このブックを見る