販路開拓コーディネート事業事例集
100/120

【事業内容】ガラスコーティング剤の製造、販売、リフォーム事業【設立】2000年【所在地】千葉県【資本金】1,200万円【従業員数】50名【支援商品】ガラスコーティング剤「HARDOLASS(ハドラス)」細かい部分に隅々まで溶剤が入り、対象物の表面を変質させることなく緻密なガラス表面膜を形成することで防水・防汚・防カビ・防錆・防傷効果が長期間継続する画期的な超微粒子・無機100%ガラスコートです。適用範囲が広く、専用機材等は必要なく、常温乾燥なので施工が簡単です。‣販路開拓面での課題【具体的な成果】・コーティング剤が多種ある中で、皮革業界では性能値の裏付けを示したものはなかったという現状がわかり、エビデンスを示すことでハドラスへの信頼を得ることができました。・ランドセルメーカーや革製品卸売会社から、皮革製品の風合いが損なわれない、変色しないところが良いという評価を得たことでハドラスの受容性を確認できました。・皮革分野以外では、「工場機械・マシーン」「スポーツ用品」「メッキ加工」の分野が有望であることがわかり、適用範囲が広く存在することを再認識できました。【今後の取り組み】・「商品価格以上の提供価値」をわかりやすく伝えていくために基材の相性分析をさらに進展させ、塗布方法の簡素化を図ることで顧客が使いやすいように改良をしていきます。・用途別提案の採用事例をもとに説得力ある資料作りとセールストークの強化に努め、企業へのソリューション提案を強化して、「HARDOLASS(ハドラス)」の市場浸透を図ります。「販路開拓コーディネート事業」支援事例~ヤマモトホールディングス株式会社~‣支援の経緯‣第1段階:テストマーケティングの準備‣第2段階:市場での仮説検証‣第3段階:成果のまとめと今後の取り組み企業概要3名の販路開拓コーディネーターと7社に16回の同行訪問を行いました。<テストマーケティングの内容>支援目標は、①皮革商品におけるコーティング剤の現状把握、②「ハドラス」の受容性検証、③商品面及び価格面の課題の明確化とし、活動しました。<仮説の検証結果>現場でのヒアリングとテストの実施を通じて、情報収集を行った結果は次のとおりです。・耐摩耗、耐衝撃、衣服との擦れに5年間耐えられるコーティング剤として評価されました。・ランドセルでは、撥水性、防錆、縫目への染み込み防止に役立つことを検証できました。・想定外の用途として、製薬・食品工場の機械ドラムの防汚対策ニーズが顕在化しました。・進捗結果:取扱いの内諾1社、見積書提2社<新たな課題>・対象物の性質(基材)に対応した相性の把握・分析データの蓄積・わかりやすくシンプルな塗布方法(取説)の検討・コンサルティングセールス実施に必要な営業トークの強化販路開拓コーディネーターの紹介で中小機構関東本部の窓口相談に来られ、ブラッシュアップを開始しました。新市場の開拓を目指すにあたって、対象分野の絞り込みや、どのようにアプローチするかが販売面での課題になっていました。チーフアドバイザーとマーケティング企画のブラッシュアップを行い、プレゼン資料を作成しました。<想定ターゲット>バッグレンタル業界ランドセル業界、革製品の修理・修繕・クリーニング業界<仮説内容>・バッグレンタル・・・傷や汚れが付きにくくなる(耐摩耗・防汚効果)・ランドセル・・・雨や汚れを防ぐ(撥水効果)・革製品の修理・修繕・クリーニング・・・カビや汚れから守る(防カビ・防汚効果)撥水テスト90

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る