Incubation Report vol.11
27/28

Incubation Report Vol.1126 例えばお客様の元に届けるパッケージも、一からすべて開発して作り上げました。包装トレーの凸凹一つひとつにもすべて機能的な意味があります。マイクロニードルは湿度を嫌いますし、ぶつかったらすぐ折れてしまいます。このように繊細なマイクロニードルをどうやってお客様の元に届けるか、どうすればお客様が簡単に使えるかを考えて工夫しました。 ニードルは繊細に作ることがすごく難しいのですが、安定して作る当社の技術が強みとなっています。―品質だけでなく販売ルートの確保も大切ですよね 当社は色々なところでマイクロニードルを宣伝したり、他社に提案したりして、粘り強く販売拡大を図ってきました。従来は化粧品会社向けや百貨店や医科向けの販売が多かったのですが、2014年頃からインターネット通販を開始して、売上が急拡大しました。 当初、マイクロニードルは価格が高く、対面の説明が必要な商品だと考えていました。そのため、通販で成功できるかどうかは繰り返し検証し、効果を高めるようにしています。 海外の一部の国でも販売しています。海外販売では、既にその国に販路を持っている代理店に依頼をする方針で、徐々に拡販をしています。 そして、これから ― 今後の展望をお聞かせください 私たちは京都で生まれたベンチャー企業です。日本電産や京セラなど、京都発で技術力をベースに成長した会社に続けるよう、皮膚関連技術を根底において、医療、健康、美容分野のイノベーションで、快適な生活に貢献できる会社になりたいです。 まずは化粧品の増産体制です。2020年8月に吉祥工場の新設を予定しています。 長期的には医療用マイクロニードル事業の実現を目指します。2010年に大阪大学と共同で、マイクロニードルを使ったインフルエンザワクチンを開発しました。大手企業と連携して薬事承認に向けて取り組んでいます。 当社は経皮吸収の様々な特許や技術を保有しており、この分野でマイクロニードルに留まらず新製品を開発していきたいと考えています。将来的には上場も視野に入れています。会社名コスメディ製薬株式会社 代表取締役神山 文男所在地(本社)京都市南区東九条河西町32事業概要経皮吸収型医薬品・化粧品などの研究開発および製造・販売URLhttps://cosmed-pharm.co.jp/2001年5月有限会社コスメディ設立(京都薬科大学内で活動)2006年1月クリエイション・コア京都御車に移転2006年6月社名をコスメディ製薬株式会社に変更2008年7月「化粧品製造業許可」を取得2008年11月世界初のマイクロニードル化粧品を上市2011年6月本社および工場を京都市南区東九条河西町に移転2014年8月自社ブランド「クオニス」化粧品を上市2016年8月大学発ベンチャー表彰2016「新エネルギー・産業技術総合開発機構長官賞」受賞2017年10月桂工場稼働開始会社情報会社略歴■入居のきっかけ  設立当初は、開発は京薬の研究室で行い、近くのアパートの一室を事務所にしていました。受託研究事業に加え、経皮吸収材料、医療用粘着材料の開発販売が増え、拠点が必要になってきたため、2006年2月に設立間もないクリエイション・コア京都御車に入居しました。■入居しての変化  インキュベーションマネージャーのアドバイスを受けて経営の勉強をし、後々それが非常に役立ちました。また、税理士、弁理士、弁護士、中小企業診断士など経営実務の専門家を紹介していただきました。起業関連のスキルが格段に高い専門家が揃っており、化粧品GMPも専門家の指導がなければスムーズに取得できなかったと思います。■入居して良かったこと、将来の入居者へのメッセージ  事業の拡大に合わせて借りる部屋を増やすことができたので、設備投資を最小限に抑えることができました。  将来の入居者に対しては、何でもインキュベーションマネージャーに相談することが大事です。しかし専門家に相談したからと言って、すべてを丸投げして任せてしまってはダメです。自分の専門以外であってもわからないことをそのままにせず、納得できるまで繰り返し相談しました。 インキュベーション施設も中小企業・ベンチャー企業をサポートするあらゆる支援機能を有した相談窓口の1つです。賃貸施設として拓かれておりますので、ご入居頂いている企業様は、いつでも、すぐに相談できることが、他の支援機関・相談窓口と異なり、特徴的なことです。また、我々スタッフは、企業様の経営の考え方、課題の背景など、日々のコミュニケーションの中から理解し、支援提案をさせて頂いております。 コスメディ製薬株式会社様にも、日々のコミュニケーションの中から、事業課題や事業ステージ、お人柄に合った支援をさせて頂けたかと思います。ご卒業されてからしばらく経ちますが、昨今の目覚ましいご成長に嬉しく思います。益々のご発展を期待しております。インキュベーションの利用クリエイション・コア京都御車チーフインキュベーションマネージャー山戸 俊幸担当マネージャーからのコメント クリエイション・コア京都御車は、「産・学・官」のネットワークを活かし、ウエルネス分野において新たな事業展開を図ろうとされるベンチャー及び中小企業を支援するインキュベーション施設(起業家育成施設)です。クリエイション・コア京都御車BI紹介〒602-0841京都府京都市上京区河原町通今出川下る梶井町448-5https://www.smrj.go.jp/incubation/cckm/権取締役

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る