Incubation Report Vol.10(電子ブック)
33/36

Incubation Report Vol.1032常に今いる従業員よりも若い人材を採用するようにしています。企業の成長速度は遅くなるかもしれませんが、着実に成長することが出来ます。というのも、先輩が後輩を育成してくれますし、責任感や愛社精神も生まれます。「部活カルチャー」とでも言いましょうか、ここには私の学生時代のサークル活動での経験が生かされています。 また採用する際には、会社のカルチャーとフィットする人材かという点を大事にしています。わが社が大事にしたいカルチャーは「誠実・真摯である」ということです。たとえば営業先では自社以外のサービスも顧客に提案することが多々あります。あくまで結果的にですが、営業経験者を採用したことはありません。「正しい在り方を追求する」、「長期的な関係を構築する」ということが、事業の拡大につながると信じています。 そして、これから ― 今後の展望をお聞かせください 営業担当者を採用してクリニックへの訪問を増やした結果、色々な課題や新たなサービスの必要性に気づきました。世の中には医科約10万軒、歯科約6万軒、合計で約16万軒のクリニックがあります。このうちの約7割は、患者の獲得という点ではじつは困ってはいません。 課題は全く別のところにあります。一言で言うならば「院内マネジメント」です。そもそもクリニックの世界は、医師がオーナーであり、経営者であり、プレイヤーです。クリニック内では看護師の採用、新しい設備を導入するための業者との打合せ、税金関係の手続きに至るまで、多くの業務があり、医師はかなりの高負荷状態にあります。 たとえばコンビニや薬局はそれぞれ約6万軒程度といわれ、チェーン化が進んでいます。ところがクリニックは16万軒もあるのに、先生一人ひとりが苦労されているクリニックがじつに多いのです。私が考えているビジョンは、当社がクリニックの経営をサポートするプラットフォームになるということです。先生を支える存在でありたいと思います。■入居のきっかけ  学生時代には、慶應藤沢IVの事を知りませんでした。起業してしばらくは自宅兼オフィスで仕事をしていたのですが、わが社に4番目に加わったメンバーが、慶應藤沢IVで起業した経験があり、その存在を教えてくれました。  学生時代のサークルの先輩が慶應藤沢IVで㈱パンカクを起業しておられたので、CTOの松原と一緒に話を聞きに行きました。■入居しての変化  最初はSFCからエンジニアを採用できればと考えていましたが、結果的にはゼロでした。しかし、藤沢、辻堂エリアに拠点を構えたことで、通勤環境の厳しい東京で働くよりも地元で働きたいという人材を採用することが出来ました。■入居して良かったこと、将来の入居者へのメッセージ  湘南には、本当は地元で働きたいのに希望する職場がないと考えている人材が多くいることを知りました。藤沢市という立地は人材採用という面では競争力があります。  慶應藤沢IVでは、事業の拡大に合わせて部屋を増やして拡充しやすい点が助かりました。また、さまざまな面で常駐のインキュベーションマネージャー(IM)がサポートしてくれるのも大変心強かったです。 カルー㈱は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の卒業生がチーム組成し、慶應藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)を拠点として成長された後、藤沢市内に定着したベンチャー企業です。今や40人を超える雇用を藤沢市に創出され、地域貢献度も高い理想的な創業スタイルを実践しておられます。 今後は、SFC-IVや湘南産業振興財団とのコラボレーションで、藤沢市の創業機運醸成事業にも参画していただくことを予定しており、共に地域のベンチャー支援に貢献していく大事なパートナーです。会社名カルー株式会社 代表取締役具志 林太郎所在地東京都目黒区中目黒1-1-26(本社)神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-1 アイクロス湘南8E(ラボ)事業概要医療機関検索サイトの運営URLhttps://caloo.co.jp/2010年3月東京都目黒区にてカルー株式会社を設立2010年9月病院口コミ検索サイト「Caloo」公開2011年10月動物病院口コミサイト「Calooペット」公開2012年5月神奈川県藤沢市の慶應藤沢イノベーションビレッジにラボを開設2018年3月神奈川県藤沢市のアイクロス湘南にラボを移転会社情報会社略歴インキュベーションの利用慶應藤沢イノベーションビレッジチーフインキュベーションマネージャー中井 彰人担当マネージャーからのコメント インターネットの病院口コミ検索サイト「Caloo(カルー)」SFC-IVは、慶應義塾大学との大学連携型インキュベーションとして、神奈川県、藤沢市との連携の下、中小機構が運営する施設です。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の一角に位置し、学生向けのシェアードオフィスを備え、創業前からの支援も行っています。湘南藤沢の地に起業家を生み出すべくサポートを行っていきます。慶應藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)BI紹介〒252-0816神奈川県藤沢市遠藤4489番105https://www.smrj.go.jp/incubation/sfc-iv/

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る