Incubation Report Vol.10(電子ブック)
12/36

インキュベーション事業 2018年度活動報告11BI活動事例名古屋医工連携インキュベータ(NALIC/ナリック)は、3大学(名古屋大学・名古屋工業大学・名古屋市立大学)をはじめとする地域の大学が有する医工連携・ライフサイエンス分野の技術シーズ・人材などの蓄積を活かし、大学発ベンチャー、中小企業などの育成を行うことにより、新事業・新産業の創出を図り、地域産業の活性化を目指す大学連携型起業家育成施設です。インキュベータ概要 名古屋地域の特徴 名古屋地域は、戦前から現在に至るまで、自動車・航空機・工作機械・セラミックスなどを中心に、ものづくり産業がさかんな地域である。 また、当地域は、名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学をはじめとする大学や、公的研究機関が多数立地しており、医名古屋医工連携インキュベータ(NALIC)医工連携・ライフサイエンスビジネスの育成を応援するインキュベータ02療技術・細胞・遺伝子・食品・ものづくり技術などの潜在的技術シーズが存在する。 このような状況のもと、ものづくりの技術やノウハウを有する企業と、潜在的技術シーズを有する大学・研究機関が連携する「医工連携」を推し進め、医療機器・創薬・再生医療・健康食品・健康機器などのライフサイエンス分野の新事業創出を図るため、NALICが整備された。NALICの概要 NALICでは、常駐する IM(インキュベーションマネージャー)が、中部経済産業局、愛知県、名古屋市などの行政機関やさまざまな支援機関と連携の上、会社設立、ビジネスプラン作成支援、大学などとの連携、販路開拓、資金調達支援、技術的問題解決のサポートなど、経営・技術の両面から入居企業の目標達成を強力にバックアップしている。施設は、ライフサイエンス分野に対応可能なウェットラボ(実験室)を中心とした居室で構成されており、生化学実験(BSL2/P2レベルまで)が可能となっている。特徴的な支援活動内容  NALICでは、ヘルスケア産業への参入支援や経営課題の解決を支援するための多彩なセミナーを行っている。以下、こうした支援活動や入居企業の一部を紹介することとしたい。名古屋医工連携インキュベータ外観所在地〒464-0858 愛知県名古屋市千種区千種2-22-8竣工2005年11月賃貸居室面積3,298㎡U R Lhttps://www.smrj.go.jp/incubation/nalic/

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る