HI-CubeJournal 2016年度
14/16

2 第56回HI-Cubeビジサポ会を開催しました! 12/14 資金調達を実現するための事業計画づくりセミナー 講師 木嶋 豊 氏(中小機構関東本部 経営支援部チーフアドバイザー) 12月14日(水)にHI-Cube2階会議室において、ビジサポ会を開催しました。 今回は中小機構 関東本部 経営支援部チーフアドバイザー(CAD)である 木嶋 豊氏をお招きし、金融機関やベンチャーキャピタルがどのような視点で中小企業やベンチャー企業の事業計画を評価しているのか、事業計画で欠かせないポイントや見落としがちなポイント等、資金調達の実現に向けた事業計画立案の具体的なノウハウをお話し頂きました。 ●第1部 資金調達を実現するための事業計画づくりセミナーでは、資金調達の実現に向け事業計画を立案する際の具体的な方法を分かり易く説明して頂きました。 「1.ビジネスモデルの確立」では、マーケティング4P戦略(商品Product、価格Price、流通・販売場所Place、販促Promotion)が最も重要であるとして、民泊ビジネスやすき家の実例を紹介。 「2.経営戦略の作成」では、業界構造の分析が重要であるとして、ユニクロ、任天堂の実例を紹介。 「3.資金調達の方法」では、各種資金支援制度、主要VCの紹介と、資金調達が可能となる事業計画を作成する際の注意点や重要ポイント等を紹介。 「4.株式上場(IPO)を目指すには」では、IPOのメリット、デメリット、IPOへの準備、IPO前後の資金調達とM&Aまでの重要ポイントを紹介。 最後に、中小機構の専門家派遣制度(ハンズオン支援)についての紹介がありました。 またセミナー終了後には、日本政策金融公庫の石垣恵市様より、同公庫の融資制度について案内があり、資本性ローンの詳細、メリット、利用事例を紹介いただきました。 ●第2部 個別相談会 「 事業計画づくり 」を木嶋CADがアドバイスする個別相談会に、事前応募のあったロボセンサー技研株式会社、株式会社 応用技術研究所、株式会社アスタワンの3社が参加されました。 相談には、木嶋CAD、HI-Cube IM(オブザーバー)が対応し、今回は第1回目として、相談者の会社概要、事業内容に関してのヒアリングと木嶋CADからのアドバイスを行い、併せて次回1月の個別相談会に向けての作業の方向性や準備についての打合せを行いました。以降2回の個別相談会を開催し事業計画を完成させる予定です。 セミナー及び個別相談会の参加者からは、「初めて聞く内容もあり大変参考になった」「具体的に自社の活動に役立つ内容であった」などの意見があり、本セミナーは大変有意義なものとなりました。 ◆ロボセンサー技研株式会社 ◆株式会社アスタワン ◆株式会社 応用技術研究所 ◆第1部 参加者の様子 ◆講師による説明風景 木嶋 豊 氏

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る