ハンズオン支援事例集(平成29年度)
28/77

26高付加価値自社製品の新市場開拓に挑む―ステンレス鋼用ノンフッ素溶接焼け除去剤の販路開拓支援―【事例の要約】 当社は、自社のネットワークで仕入れた化学薬品を、お客様のニーズに合わせて納入する化学薬品商社を主事業とする。これまでの豊富な顧客ニーズを基に、ステンレス表面改質剤「エスピュアSJジェル」を新規自社製品として開発した。しかしながらこれまで実績の無い市場に対し、自社製品事業を立ち上げるノウハウが不足していた。本件は、上記の課題解決のため販路開拓コーディネート事業を利用し、本製品についてテストマーケティングを実施することにより、新市場展開ノウハウと販路開拓の足がかりをつかむことが出来た事例である。企業名 佐々木化学薬品株式会社業 種 化学薬品の商社および開発・製造販売本社所在地 京都府京都市山科区勧修寺西北出町10資本金 60百万円設 立 昭和33年10月売上高 3900百万円(平成28年9月期)従業員 79人 当社は1946年創業の化学品の製造および販売を行う会社である。商社としてのお客様のニーズに合わせた化学品を供給する「CS(顧客満足)事業」と、メーカーとしての「金属表面処理事業」「機能性樹脂事業」および「環境事業」の3つの事業をあわせて、研究開発から生産管理にわたってお客様のものづく本社外観企業概要新事業展開型高付加価値自社製品の新市場開拓に挑む―ステンレス鋼用ノンフッ素溶接焼け除去剤の販路開拓支援―近畿本部 販路開拓プロジェクトマネージャー 田上 和生佐々木化学薬品株式会社当社のものづくり支援体制

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る