ハンズオン支援事例集(平成29年度)
17/77

15株式会社ShinSei【事例の要約】 本事例は、医療機器分野への進出に向けた、参入障壁の克服と知財戦略策定の支援事例である。当社は、精密加工技術を武器にプラスチック金型の設計・開発や射出成形加工に強味を有する創業14年の開発型企業である。 当社の既存事業分野は、国内の需要の減少等により横這いの状況であり、さらなる成長に向け、医療分野進出への強い思いがあり、支援の要請があった。これを受け、医療分野特有の参入障壁の克服と、優れた精密加工技術から生まれた医療機器製品の知財権確立の支援を行った。参入障壁の医療機器業に必要な許可の獲得に向けた品質管理体制、安全管理体制の構築をし、結果として許可を得る事に成功すると共に、知財戦略の構築を支援し、当医療機器製品の特許出願に漕ぎつける成果を得る事になり、医療分野参入への基本要件が整備された。企業名 株式会社ShinSei業 種 プラスチック金型設計・製作、射出成形加工、医療・電化関連の開発・試作本社所在地 京都府城陽市平川西六反40-1資本金 5百万円設 立 平成16年2月売上高 344百万円(平成29年2月期)従業員 33人 当社は、現社長が平成16年に大手精密金型メーカーを退社してから創業したプラスチック金型の設計・製作や射出成型加工を業とする比較的若い会社である。創業時から大手電機メーカーなどの下請けとして、その精密加工技術を駆使してカメラレンズの部品や電化製品の部品製造等を行ってきた。社長は、成長に向け、下請けからの脱却指向が強く、自らの強みとする精密加工技術を生かした製品を製造販売するメーカーへの転身を図りつつある。企業概要新事業展開型匠の技術を生かした新製品により医療機器市場参入へ挑戦―品質管理体制構築と知財戦略策定の支援―近畿本部 プロジェクトマネージャー 中前 憲二株式会社ShinSei自社製品本社工場外観

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る