平成30年度 商工会・商工会議所の小規模事業者支援力向上要因検証調査 調査報告書 商工会議所ヒアリング記録
52/96

48 事業者に対するサポート事業の実施、健康的なライフスタイルを提案するフェアの実施、体験型プログラムの提供を行っている。 ~蒲郡シティセールスプロジェクトの推進~ ・ 蒲郡シティセールスプロジェクトの推進では、三河湾(愛知県)で取れる「アサリ」のだしを使用したうどん「ガマゴリうどん」がご当地グルメになっている。蒲郡市とその周辺地域で25店舗を「ガマゴリうどん」を出す店として認定している。お土産としてのうどんのパッケージ商品を3者から発売している。また、蒲郡をPRするためにテレビドラマのロケを誘致して、ロケのサポート(蒲郡ロケーションサービス「ガマロケ!」)も行った。 ~着地型観光の推進~ ・ 着地型観光の推進ということで、温泉地が多いという地域性をいかした体験型交流プログラムを提供するための「みかわdeおんぱく」を推進している。 ~一店逸品発掘事業「おらがの店じまん」を推進~ ・ 商業分野では、パンフレットで各店舗が一押しの商品を紹介する一店逸品発掘事業「おらが店自じまん」事業を毎年実施している。また、これらの商品のマーケティングと販路開拓の支援として、「イチオシ逸品フェス」を開催しており平成30年で3回目を迎える。 ~創業支援施設「コワーキングEGG」を会議所内に設置~ ・ 当商工会議所では今、創業支援にも力を入れている。事業の新しい担い手を育成するという視点からである。また、当商工会議所の建物1階に、創業予定者や創業間もない事業者、新規事業を考えている事業者を対象とした「コワーキングEGG」(52㎡)を開設した。設置費用の一部は蒲郡市から補助金を受けた。また、その中から創業事業者が育つようにネットワーク作りにも力を入れており、地域内外から利用されるイノベーションハブを目指している。 ~若手後継者ネットワークづくり~ ・ 事業承継が課題となる中、若手後継者が加入している当商工会議所の青年部は、会員事業者数が7~8年前の31者から平成30年には、100者近くに増え、若い世代のネットワークができつつある。大きな増加要因としては、青年部が中心となって進めている「蒲郡シティセールスプロジェクト」の活動が対外的に見えるようになってきたことが挙げられる。 【新たに整備されたコワーキングスペースEGG】

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る