平成30年度 商工会・商工会議所の小規模事業者支援力向上要因検証調査 調査報告書 商工会議所ヒアリング記録
51/96

47 ・ 今回は指標として10年後の目標値を定めた。最初にアクションプランの中で事業別に3年間の目標値を定めている。経営発達支援計画を念頭に置いて策定し、事業別進捗管理・評価を実施するようになった。 ■経営発達支援事業の取り組み(成果につながる取り組み等) ~あなたのビジネスをナビゲート。「ビジナビ」の周知~ ・ 当商工会議所の会員である小規模事業者に対して、経営状況の分析から事業計画の策定、販路開拓による売上増加・利益確保に至るまでを一貫して伴走型で支援している事業を周知させる。それとともに、計画に基づいた経営に取り組む意向がある小規模事業者の掘り起こしを図り、地域における小規模事業者の需要を見据えた計画的な経営を促進している。 ~「持続化補助金」は支援の入口として活用~ ・ 経営発達支援事業の推進において、持続化補助金は大きな役割を担っている。小規模事業者支援において、経営計画を立てて、どのような事業を行っていくかという組立てを作っていくという点で、他の補助制度とは少し異なった効果があり、優れた制度と考えている。事業環境の変化とともに、計画の見直しをしていく作業が必要であり、持続化補助金だけで賄えない部分を補強する地域版持続化補助金制度を蒲郡市に要望した。現在では、この2つの補助金制度が入口となって、経営発達支援事業を知ってもらい事業計画の策定につなげていくようにしている。 ~地場産業の活性化・新産業の創出~ ・ 当商工会議所では、地場産業の活性化ということで、繊維産業を中心に「三河産地プロモーション」を展開している。差別化商品の創出や販路開拓等のマーチャンダイジング戦略の一環として、同市内の展示会の開催ばかりでなく、東京ビッグサイトでの展示会も行っている。 ・ また、新しい産業を創っていこうという事で、ヘルスケア産業の創出を掲げている。当商工会議所としては全国的にも珍しい取組みであると自負しているが、健康経営を推奨している。働く人の健康づくりを推進していくことを掲げ、「健康宣言100社」を目標として健康宣言蒲郡商工会議所長期ビジョン(構成) 1.蒲郡市の社会経済状況の現状分析 2.会員企業を取り巻く環境 3.蒲郡商工会議所運営上の現状と課題 4.蒲郡市の産業経済の課題と目指すべき将来像 5.商工会議所の活動理念・目指すビジョンとミッション 6.ビジョンとミッションの実現に向けて 【蒲郡商工会議所長期ビジョン】

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る