平成30年度 商工会・商工会議所の小規模事業者支援力向上要因検証調査 調査報告書
83/116

79 ~周辺の商工会議所や商工会との広域連携支援~ • 京都府南部に位置する城陽商工会議所・宇治商工会議所・久御山町商工会では、十数年前から情報共有と広域連携による支援体制を整えている。12年ほど前からは 「宇城久ビジネスサポートセンター」 を設置し、景気動向調査や各種セミナーの開催、展示会への出展支援など、単独での実施が難しい事業に共同で取り組んでいる。また、平成30年度は地域内の 「賃金調査」 にも取り組んでいる。 (城陽商工会議所) ~栃木県商工会連合会の独自事業を活用し支援メニューを充実~ • 足尾町商工会では、支援に関わる人員が3名と小規模な体制のため、多様な支援メニューが組めないところを、栃木県商工会連合会が実施している独自性の高い事業 (「企業力ランクアップ事業」「ワクワク系の店づくり事業」「スローライフ推進事業」「地域密着リフォーム事業」) の活用で補完し、支援の幅を広げている。当商工会内では、「企業力ランクアップ事業」 2件、「スローライス推進事業」 4件、「地域密着リフォーム事業」 3件の利用がある。 (足尾町商工会) 2)専門家との連携 専門家と連携することにより支援力を高めている。より効果を高めるため、実務経験が豊富な専門家を派遣したり、専門家と小規模事業者との相性も考慮してマッチングしたりするなどの工夫もされている。また、経営指導員が専門家の小規模事業者支援現場に同席することで、専門家から支援ノウハウを学び支援能力の向上につなげている。 【スローライフ推進事業のパンフレットと認定店の事例】 【宇城久ビジネスサポートセンターのイメージ(HPより抜粋)】

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る