平成30年度 商工会・商工会議所の小規模事業者支援力向上要因検証調査 調査報告書
55/116

51 【道の駅奥大山】 【道の駅「ピア21しほろ」】 ②販売施設運営に参画 幹線道路が近い立地環境や地域資源に恵まれている地域では、道の駅などの地域産品を販売する施設の整備に取り組んでいる団体もある。下記の事例のとおり、商工会・商工会議所が販売所を運営している事例や、商工会会員が出資者となって「道の駅」を整備した事例、「道の駅」の整備計画に初期段階から参画し、道の駅の事業に当商工会が実施している支援事業を構想や事業内容に盛り込んでいる事例等があるが、商工会・商工会議所が販売事業に主体的に関わっていることが重要である。 ~直営店「屋代駅ウェルカムステーション」を運営~ • 千曲市の玄関口である、しなの鉄道の屋代駅に千曲商工会議所の直営店 「屋代駅ウェルカムステーション」 を設置・運営し、地元食品製造業者の販路開拓を支援している。販売は委託しており、取扱店数は72事業者、年間販売額は約2,000万円前後である。 (千曲商工会議所) 〜販路としての「道の駅奥大山」の整備〜 • 江府町に 「道の駅奥大山」 が平成28年6月にオープンした。江府町商工会の会員事業者 (8名) が出資して設立した会社が運営している。同町で観光客が時間を過ごし、お金を落としてもらう仕組みをつくるため、米子高速道路の近くに道の駅を整備した。 • この道の駅の評判がよく、当初目標を3年目で達成した。道の駅は同町の特産品等に関わる販路としても機能している。「道の駅奥大山」 に良いものを出せば売れる状態だ。また同町の事業者が開発した新商品のテストマーケティングの場や販路として今後も活用できる。 (江府町商工会) ~道の駅リニューアルの構想段階から参画し、支援事業と関連性を担保~ • 当商工会は、早い段階から道の駅 「ピア21しほろ」 のリニューアルに向けた構想及び事業内容の検討に関わってきたことにより、当商工会が実施している支援事業を構想や事業内容に盛り込むことができた。現在、具体的な取組みとして、当施設で販売する士幌町内の事業者を募集し、当商工会で選定した商品を販売している。また、当商工会で推進している農商工連携による開発商品の販売も行っている。 (士幌町商工会) 【屋代駅ウェルカムステーション】

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る