平成30年度 商工会・商工会議所の小規模事業者支援力向上要因検証調査 調査報告書
54/116

50 ~販路開拓に向けて専門家派遣、商品開発、販路開拓セミナー、商談会出展支援を一連の支援として実施~ • 南島原市商工会の販路開拓支援は、事業者の売上増加、商談会の成功を第一の目的として、ディスプレイ専門家派遣、商品開発・販路開拓セミナー、商談会出展支援を一連の支援として、継続的に伴走型支援を行い、最終的な商談会成功につながっている。専門家派遣やセミナーでは担当する職員が異なるが、運営会議の中で情報共有を図り、目的意識を共有して取り組めている。 • 専門家には、バイヤーや消費者を引き付けるための商品の展示方法などを指導してもらうとともに、商談会会場へも足を運んでもらいディスプレイのアドバイスをもらっている。結果、商談成立件数アップにつながっている。 • 商談会に向けて、平成30年も商品開発をしたり、事前のセミナーを開催したりすることで、事業者のレベルは向上している。 • 当商工会会員事業者の商談会への参加数は、長崎県下ではトップだと思う。ここ数年は、積極的に出展している。多くの会員事業者は首都圏を狙っているが、海外を狙っている会員事業者も一部いる。 (南島原市商工会) 【商品開発販路開拓塾の開催チラシ】

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る