平成30年度 商工会・商工会議所の小規模事業者支援力向上要因検証調査 調査報告書
13/116

9 (5)地域の関係者と連携した「面的支援」 仮説14 地域産業の振興に向けて、主体的に地域の関係者と連携しながら 「面的支援」 を行っている。 仮説15 「面的支援」 を効果的に進めるには中長期の展望をもって、連続的に取組みを進めていくことが重要である。 仮説16 「面的支援」 には現場の支援体制だけでなく、地域の関係機関のトップどうしの密なる連携が不可欠である。 仮説17 個社支援と面的支援を (対立するものとしてではなく) 統合的に捉えている。 (6)主な関連施策の活用 仮説18 「持続化補助金の利用支援」 が高業績に結び付いている可能性がある。 仮説19 「経営発達支援資金」 等の新しい制度を積極的に活用する姿勢が高業績に寄与している可能性がある。 (7)積極的な情報発信・広報 仮説20 地域の事業者へ施策情報やそれらを活用した成功事例を積極的に情報発信していくことが、新規加入者の増加につながっている可能性がある。

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る