平成30年度 海外ビジネス戦略推進支援事業 事例集
65/84

所在地売上高従業員数会社概要重点支援事項■① 現地ニーズの把握と必然性の整合 ●現地ユーザー候補先のニーズを事前に調査し順位づけ、候補先別に戦略的な面談を実施■② 製造拠点設立の課題解明 ●初めての海外拠点設立にかかる不安点などをそれぞれの専門家・コンサルと面談に同席し、課題点・解決方法などをアドバイス・支援した支援の成果と今後の課題■支援の成果●ユーザー候補先より有益な情報が得られた●事前の想定より現地でのニーズが高く、マンドレル金型だけでなく、金属パイプ加工などの引き合いも得られた●主たる素材(S45C、SUS類)については現地調達も日本製のため、自社調達のほうがメリットあり●ドンバンⅢ工業団地への工場建設を内定、事業主体のハナム省担当者とも面談でき契約詳細について確認できた■今後の課題●事前売り上げ確保による事業計画(CF、PL)の具体的な作成と行程表の確実なフォローアップ●海外戦略策定支援●同社製品・技術のニーズの掘り起し ●ビジネスモデルの確立中小機構に期待する支援内容●海外調査同行のうえ海外戦略の策定を通じて投資意思の決定を図り、ビジネスモデルを確立したい本支援事業での到達目標拠点設立型進出コース  ■ 海外戦略策定 ■海外調査同行支援メニュー対象国 ベトナム■海外展開する製品・サービス●油圧配管・ゴムホース用(マンドレル)成形金型の製造販売、産業車両用金属部品の製販■対象国の選定理由●日本で曲げ・溶接の技能・専門知識を習得した「技能実習生OB」を現地採用できる●得意先が東南アジア圏に拠点を設立済み■海外展開の概要●ベトナムに製造子会社を設立し、東南アジアの得意先工場からの受注を確保したい●部材の現地調達を図りたい海外展開計画新郊パイプ工業株式会社愛知県名古屋市2,271百万円111名事業内容●産業用車両部品製造●異形管・形鋼曲げ・油圧配管用パイプ加工等国内市場での強み、差別化要因、実績●パイプ曲げ加工から溶接・レーザー加工・塗装まで一貫した生産体制●多品種・小ロット生産に強み(4万品種)●部品小型・軽量化に独自の技術を有する●豊田自動織機、コマツ、トヨタ紡織がメイン(フォークリフト及び産業車両部品(油圧配管、マフラー、異形管ピラー等))愛知県新郊パイプ工業株式会社油圧配管成型金型(マンドレル)パイプ曲げ加工品現地会議64

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る