平成30年度 海外ビジネス戦略推進支援事業 事例集
52/84

拠点設立型輸出型平成24年から平成30年まで7年間、中小機構は、中小企業の皆様の海外展開をハンズオンで支援する事業「海外ビジネス戦略推進支援事業」を行ってきました。事業最終年度である平成30年度の支援事例を紹介します。●中小企業の皆さまの海外での販路開拓や海外拠点設立のため、海外ビジネスの専門家が支援して、一緒に海外戦略を検討するとともに、経費補助により海外調査や外国語WEBサイトの作成等を支援。●平成24年度より開始し、延べ900社を超える企業を支援。平成30年度は135社を支援。輸出をしたい企業向け(販売代理店探し、越境ECなど)販路調査コース(海外での販路調査を支援) 進出コース(海外拠点づくりの調査を支援)移転コース(海外拠点の移転調査を支援)WEB集中コース(外国語WEBサイト作成を支援)●補助経費上限100万円 (補助対象経費200万円の2分の1)●支援メニュー:外国語WEBサイト作成海外に拠点を作りたい企業向け(工場、直営店、物流拠点の設立など)※海外戦略策定は両コースとも必須※海外戦略策定は両コースとも必須●補助経費上限50万円 (補助対象経費100万円の2分の1)●支援メニュー(任意選択):市場調査、 海外調査同行、外国語WEBサイト作成●補助上限140万円 (補助対象経費280万円の2分の1)●支援メニュー(任意選択): 市場調査、海外調査同行●補助経費上限140万円 (補助対象経費280万円の2分の1)●支援メニュー(任意選択): 市場調査、海外調査同行海外ビジネス戦略推進支援事業について海外ビジネス戦略推進支援事業平成30年度版の支援内容5151

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る