平成30年度 海外ビジネス戦略推進支援事業 事例集
25/84

24リット・デメリットを把握していたからこそ、現地で判断することができた。「限られた調査期間で、最大限の効果が出せました。入念に事前準備をしたことが良かったと思います。自分たちだけでは気づけなかった、色んな切り口から考えることができ、漏れのない計画が立てられました」。帰国した萩野さんには、ポルトガル進出の道筋がはっきりと見えていた。航空業界は大きく伸びており、このままでは生産が追い付かなくなる。生産能力向上のため、当社は今、中小機構のハンズオン(経営)支援も受けている。まさに、中小機構と二人三脚で進んでいる最中だ。「海外部門も経営部門も連携していて、足並みを揃えて支援してもらえるのが、ありがたいです。中小機構には様々な分野のエキスパートがいて、企業の発展のために尽力してくださっている。大変なこともありますが、力を貸してもらっている以上、やらざるを得ない。逃げ道を絶って、着実に成長していきたいです」と語る萩野さん。その夢は、世界の空へとますます羽ばたいていくだろう。これからも中小機構と二人三脚で進みたい123 工場内の様子。原料を溶解、鋳造したあと、高温で熱処理。さらに材料検査を行い、製品へと加工する312

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る