ふるさと名物応援宣言
84/148

‐81‐ を活用している。引き出物を専門にしているプランナーやバイヤーを集めた商談会を年1回開催されており、その商談会に特産品を出品し、意見を聞いている。 ウェディングに関連する販路開拓では、リゾートウェディング協会と地元事業者の商談会を開催している。さらに、地元産品の取引拡大のため、県外での商談会の開催や、都内アンテナショップ(わしたショップ)でPRしながら販売につなげている。平成29年1月には都内でウェディングフェアを開催する予定であり、その中でもシークヮーサードリンクを提供してアンケートを取りたい。 販路拡大の次のステップとして、3市村で共同してPRしていくことを検討している。しかし、3市村の目標は、首長の公約や政策によって異なり、優先順位に違いがある。 リゾートウェディング協会を通じて、地域外の旅行業者と連携している。ただし、一般モニターによるツアープログラムは行政が企画している。平成28年12月末に、名護市内のチャペルでモニターツアーを実施する予定である。シークヮーサーを使ったウェルカムドリンクの試作品や、農園(有限会社勝山シークヮーサー)で記念植樹をしてもらう企画などを考えている。これに参加するのは北海道滝川市のカップルである。モニター募集については、姉妹都市である滝川市を通じて、滝川市内在住者限定で募集し、応募のあった6組から1組のカップルを選んだ。 そのほか、外部人材・事業者の巻き込みについては、ノウハウ不足の解決策として、異業種間のマッチング(ビジネスマッチング)を行い、つながりを強化している。同じ市内の業者でも、異業種になると全く知らないということもあるので、結びつく可能性はあると考えている。 一つは「食育」という観点から、給食センター(栄養士)と連携し、季節感を感じられる名護の地元野菜を取り入れた献立をつくっている。 ④ 地域内外へのプロモーション活動【販路開拓・販路拡大】 ⑤ 商品開発などへの地域外人材の巻き込み、活用【面的広がり(賛同者拡大)】⑥ 教育・体験機会の創出等による担い手育成【次世代・担い手育成】 ▲モニターツアーの様子

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 84

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です