ふるさと名物応援宣言
64/148

‐61‐ また、専門家派遣という点では、例えば「地域活性化伝道師」は、地域の活性化に向けて意欲的な取組を行おうとする地域に対して、地域興しのスペシャリスト(地域活性化伝道師)を紹介し、地域のリーダーの育成、事業化段階、販路拡大などの面で指導・助言等を行うものである。また、「地方創生のための事業プロデューサー派遣事業」は、派遣先地域のニーズ掘り起こし、シーズ掘り起こしを行いつつ、地域の金融機関及び専門家等とのネットワークを構築・活用しながら、事業プロデュース活動を実施するものである。 現在では、ICT・知財・新規事業創出等の専門家の派遣制度だけでなく、専門家を育成する制度も整えられつつあるため、こうした制度を活用することによって、事業の推進につながるものと考える。 図表4-7 関連制度・支援策の概要(専門家派遣) ③地域内外への積極的なプロモーション活動【販路開拓・販路拡大】 自治体としてのプロモーション方法は、自治体ホームページのほか、自治体フェイスブックなどのSNS、自治体フェイスブックなどのSNS、広報誌、地域のイベント、各種メディア、JRや旅行業者の地域紹介誌などが挙げられる。また、プロモーション活動という点では、自治体としても国内外の販路開拓のために、アンテナショップや道の駅の活用、国内外の見本市や展示会への出展、消費を促すための関連条例の制定や商品認証制度の創出などの推進策、あるいは既存の販路に縛られない新たな販路の開拓も考えていく必●ふるさとプロデューサー等育成支援事業●地域活性化伝道師●ICT地域マネージャー派遣事業●外部専門家(地域力創造アドバイザー)招へい事業●地域おこし企業人交流プログラム●地方創生のための事業プロデューサ一派遣事業(平成28~30年度)●海外知的財産プロデューサ一派遣事業支援制度概 要対 象地域活性化に向け意欲的な取組を行おうとする地域に、地域興しのスペシャリスト(地域活性化伝道師)を紹介し、指導・助言を行う。地域の関係者を巻き込んだ実践的なプロデュース支援のノウハウを習得できるよう、地域活性化プロデューサーのもとで、数ヵ月程度のインターンシップを中心としたOJT研修を実施。地域の活性化に向け意欲的な取組を行おうとする地域支援機関職員/自治体職員/中小企業の社員等対 象地方公共団体/地方公共団体と共同で事業運営等を行う地方公共団体の出資若しくは拠出に係る法人/特定非営利活動法人概 要ICTの知見、ノウハウ等を有する専門家を一定期間派遣することで、地域におけるICT利活用を促進し、活力と魅力ある地域づくりに寄与するとともに、地域においてICTを活用した取組みの中核を担える人材を育成概 要主に中堅・中小企業等における海外進出の際の知的財産面でのリスクの低減並びに事業戦略視点での知的財産活用のため、知的財産の専門家を企業へ派遣し、知的財産面からの海外進出を支援。対 象概 要対 象概 要都道府県/政令指定都市/公的試験研究機関/地方独立行政法人等概 要新規事業創出及び知的財産マネジメントに関する専門人材を活用して地域ネットワークを活用した地域の事業創出環境整備を支援対 象海外での事業展開を考えている中堅・中小企業等【中小企業庁】【内閣府】【総務省】【特許庁】【特許庁】専門家派遣【総務省】対 象定住自立圏構想に取り組む市町村/条件不利地域を含む市町村概 要市町村が、外部専門家(「地域人材ネット」登録者)を招へいし、地域独自の魅力や価値の向上、地域力を高める取組に要する経費を特別交付税の対象とする。【総務省】対 象地域おこし企業人交流プログラムに取り組む地方自治体概 要市町村が、企業の社員を一定期間受け入れ、そのノウハウや知見を活かし、地域独自の魅力や価値の向上等につなげる取組に要する経費を特別交付税の対象とする。(出典・参考資料)各省庁HP、「平成28年度版 中小企業施策利用ガイドブック」(中小企業庁) ‐61‐ また、専門家派遣という点では、例えば「地域活性化伝道師」は、地域の活性化に向けて意欲的な取組を行おうとする地域に対して、地域興しのスペシャリスト(地域活性化伝道師)を紹介し、地域のリーダーの育成、事業化段階、販路拡大などの面で指導・助言等を行うものである。また、「地方創生のための事業プロデューサー派遣事業」は、派遣先地域のニーズ掘り起こし、シーズ掘り起こしを行いつつ、地域の金融機関及び専門家等とのネットワークを構築・活用しながら、事業プロデュース活動を実施するものである。 現在では、ICT・知財・新規事業創出等の専門家の派遣制度だけでなく、専門家を育成する制度も整えられつつあるため、こうした制度を活用することによって、事業の推進につながるものと考える。 図表4-7 関連制度・支援策の概要(専門家派遣) ③地域内外への積極的なプロモーション活動【販路開拓・販路拡大】 自治体としてのプロモーション方法は、自治体ホームページのほか、自治体フェイスブックなどのSNS、自治体フェイスブックなどのSNS、広報誌、地域のイベント、各種メディア、JRや旅行業者の地域紹介誌などが挙げられる。また、プロモーション活動という点では、自治体としても国内外の販路開拓のために、アンテナショップや道の駅の活用、国内外の見本市や展示会への出展、消費を促すための関連条例の制定や商品認証制度の創出などの推進策、あるいは既存の販路に縛られない新たな販路の開拓も考えていく必●ふるさとプロデューサー等育成支援事業●地域活性化伝道師●ICT地域マネージャー派遣事業●外部専門家(地域力創造アドバイザー)招へい事業●地域おこし企業人交流プログラム●地方創生のための事業プロデューサ一派遣事業(平成28~30年度)●海外知的財産プロデューサ一派遣事業支援制度概 要対 象地域活性化に向け意欲的な取組を行おうとする地域に、地域興しのスペシャリスト(地域活性化伝道師)を紹介し、指導・助言を行う。地域の関係者を巻き込んだ実践的なプロデュース支援のノウハウを習得できるよう、地域活性化プロデューサーのもとで、数ヵ月程度のインターンシップを中心としたOJT研修を実施。地域の活性化に向け意欲的な取組を行おうとする地域支援機関職員/自治体職員/中小企業の社員等対 象地方公共団体/地方公共団体と共同で事業運営等を行う地方公共団体の出資若しくは拠出に係る法人/特定非営利活動法人概 要ICTの知見、ノウハウ等を有する専門家を一定期間派遣することで、地域におけるICT利活用を促進し、活力と魅力ある地域づくりに寄与するとともに、地域においてICTを活用した取組みの中核を担える人材を育成概 要主に中堅・中小企業等における海外進出の際の知的財産面でのリスクの低減並びに事業戦略視点での知的財産活用のため、知的財産の専門家を企業へ派遣し、知的財産面からの海外進出を支援。対 象概 要対 象概 要都道府県/政令指定都市/公的試験研究機関/地方独立行政法人等概 要新規事業創出及び知的財産マネジメントに関する専門人材を活用して地域ネットワークを活用した地域の事業創出環境整備を支援対 象海外での事業展開を考えている中堅・中小企業等【中小企業庁】【内閣府】【総務省】【特許庁】【特許庁】専門家派遣【総務省】対 象定住自立圏構想に取り組む市町村/条件不利地域を含む市町村概 要市町村が、外部専門家(「地域人材ネット」登録者)を招へいし、地域独自の魅力や価値の向上、地域力を高める取組に要する経費を特別交付税の対象とする。【総務省】対 象地域おこし企業人交流プログラムに取り組む地方自治体概 要市町村が、企業の社員を一定期間受け入れ、そのノウハウや知見を活かし、地域独自の魅力や価値の向上等につなげる取組に要する経費を特別交付税の対象とする。(出典・参考資料)各省庁HP、「平成28年度版 中小企業施策利用ガイドブック」(中小企業庁) ‐61‐ また、専門家派遣という点では、例えば「地域活性化伝道師」は、地域の活性化に向けて意欲的な取組を行おうとする地域に対して、地域興しのスペシャリスト(地域活性化伝道師)を紹介し、地域のリーダーの育成、事業化段階、販路拡大などの面で指導・助言等を行うものである。また、「地方創生のための事業プロデューサー派遣事業」は、派遣先地域のニーズ掘り起こし、シーズ掘り起こしを行いつつ、地域の金融機関及び専門家等とのネットワークを構築・活用しながら、事業プロデュース活動を実施するものである。 現在では、ICT・知財・新規事業創出等の専門家の派遣制度だけでなく、専門家を育成する制度も整えられつつあるため、こうした制度を活用することによって、事業の推進につながるものと考える。 図表4-7 関連制度・支援策の概要(専門家派遣) ③地域内外への積極的なプロモーション活動【販路開拓・販路拡大】 自治体としてのプロモーション方法は、自治体ホームページのほか、自治体フェイスブックなどのSNS、自治体フェイスブックなどのSNS、広報誌、地域のイベント、各種メディア、JRや旅行業者の地域紹介誌などが挙げられる。また、プロモーション活動という点では、自治体としても国内外の販路開拓のために、アンテナショップや道の駅の活用、国内外の見本市や展示会への出展、消費を促すための関連条例の制定や商品認証制度の創出などの推進策、あるいは既存の販路に縛られない新たな販路の開拓も考えていく必●ふるさとプロデューサー等育成支援事業●地域活性化伝道師●ICT地域マネージャー派遣事業●外部専門家(地域力創造アドバイザー)招へい事業●地域おこし企業人交流プログラム●地方創生のための事業プロデューサ一派遣事業(平成28~30年度)●海外知的財産プロデューサ一派遣事業支援制度概 要対 象地域活性化に向け意欲的な取組を行おうとする地域に、地域興しのスペシャリスト(地域活性化伝道師)を紹介し、指導・助言を行う。地域の関係者を巻き込んだ実践的なプロデュース支援のノウハウを習得できるよう、地域活性化プロデューサーのもとで、数ヵ月程度のインターンシップを中心としたOJT研修を実施。地域の活性化に向け意欲的な取組を行おうとする地域支援機関職員/自治体職員/中小企業の社員等対 象地方公共団体/地方公共団体と共同で事業運営等を行う地方公共団体の出資若しくは拠出に係る法人/特定非営利活動法人概 要ICTの知見、ノウハウ等を有する専門家を一定期間派遣することで、地域におけるICT利活用を促進し、活力と魅力ある地域づくりに寄与するとともに、地域においてICTを活用した取組みの中核を担える人材を育成概 要主に中堅・中小企業等における海外進出の際の知的財産面でのリスクの低減並びに事業戦略視点での知的財産活用のため、知的財産の専門家を企業へ派遣し、知的財産面からの海外進出を支援。対 象概 要対 象概 要都道府県/政令指定都市/公的試験研究機関/地方独立行政法人等概 要新規事業創出及び知的財産マネジメントに関する専門人材を活用して地域ネットワークを活用した地域の事業創出環境整備を支援対 象海外での事業展開を考えている中堅・中小企業等【中小企業庁】【内閣府】【総務省】【特許庁】【特許庁】専門家派遣【総務省】対 象定住自立圏構想に取り組む市町村/条件不利地域を含む市町村概 要市町村が、外部専門家(「地域人材ネット」登録者)を招へいし、地域独自の魅力や価値の向上、地域力を高める取組に要する経費を特別交付税の対象とする。【総務省】対 象地域おこし企業人交流プログラムに取り組む地方自治体概 要市町村が、企業の社員を一定期間受け入れ、そのノウハウや知見を活かし、地域独自の魅力や価値の向上等につなげる取組に要する経費を特別交付税の対象とする。(出典・参考資料)各省庁HP、「平成28年度版 中小企業施策利用ガイドブック」(中小企業庁)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 64

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です