ふるさと名物応援宣言
55/148

‐52‐ 推進上の課題を事業フェーズ別にみてみると、体制づくり段階にある第1フェーズでは、「地域の関係者だけでは、新たな商品・サービスづくりに関するノウハウが不足している」が52.4%で最も多く、広報・PR、検証段階にある第3フェーズ以降では「推進していくための予算が十分ではない」が56.3%で最も多くなっている。 自治体及び事業者等が活用可能と考えられる関連制度・支援策の中には、例えば商品・サービスづくりに関するノウハウ不足といった場合には専門家派遣、また取組上の資金補助としては、販路開拓や交付金等の支援もあるので、そのような関連制度・支援の活用も視野に入れながら取り組んでいくことが必要である。 図表4-2 事業フェーズ別にみた推進上の課題(MA) 例えば、活動資金の助成に関わる関連制度・施策としては、対象は都道府県・市区町村を対象にしたもの、商工会・商工会議所等を対象にしたものがある。宣言自治体へのアンケート調査では、事業推進上の課題として、予算的な制約を挙げる自治体もあったことから、各種補助金(助成金)の活用も視野に入れることも有効と考えられる。 52.428.633.323.823.828.623.89.54.80.04.89.528.621.421.428.621.421.47.114.321.40.07.114.331.356.325.025.031.318.812.512.56.30.06.312.5020406080100地域の関係者だけでは、新たな商品・サービスづくりに関するノウハウが不足している推進していくための予算が十分ではない様々な関係者が参加するため、問題意識・目的意識の共通化や合意形成が難しい自治体における「ふるさと名物応援宣言」の位置づけが低い(施策の優先度が低い)推進していくための自治体内の職員数(人員)が十分ではない地域にリーダーやコアメンバーになり得る人材が不足している地域の関係者の取組意欲やモチベーションが低い地元の企業情報が不足している(どのような事業者に声がけすべきか判断できない)職員の異動などにより、自治体内での業務の引継ぎが十分行われない業界団体・組合等からの協力が得られないその他無回答#1体制づくり(n=21)#2製作(n=14)#3広報・PR、検証(n=16)(%)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 55

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です