ふるさと名物応援宣言
44/148

‐41‐ 3-4 地域内外への積極的なプロモーション活動【販路開拓・販路拡大】 応援宣言に関連する商品・サービスづくりを推進するにあたっては、自治体としても各種の媒体を活用して広く情報を発信して、応援宣言及びそれに関連する商品・サービスの認知拡大に努め、販売促進につなげていくことが必要である。 応援宣言に関連する商品・サービスづくりを推進するにあたって、宣言自治体が策定・実施している施策は、「HPを通じた広報活動・情報発信」が80.4%で最も多くなっている。なお、応援宣言の実施にあたっては、自治体ホームページや記者発表を通じて、広く公表することが求められている(「ふるさと名物応援宣言に関するガイドライン(平成29年1月改訂版)」中小企業庁)。 次いで、「イベントの開催(商談会・展示会、○○まつり等)」の49.0%、「事業への助成・融資」の43.1%と続いている。事業への助成・融資の内容としては、商品開発への助成から販路開拓・販路拡大の取組に対する助成など、様々な目的のものが含まれる。 そのほか、「認証・認定制度の創出」(15.7%)や「関連条例の制定」(11.8%)といった回答もあった。 図表3-11 策定・実施している施策(MA) (n=51) 80.449.043.115.711.85.90.03.9020406080100HPを通じた広報活動・情報発信イベントの開催(商談会・展示会、○○まつり等)事業への助成・融資認証・認定制度の創出関連条例の制定直売所等の共用インフラの整備その他無回答(%)3-4 地域内外への積極的なプロモーション活動【販路開拓・販路拡大】 応援宣言に関連する商品・サービスづくりを推進するにあたっては、自治体としても各種の媒体を活用して広く情報を発信して、応援宣言及びそれに関連する商品・サービスの認知拡大に努め、販売促進につなげていくことが必要である。 応援宣言に関連する商品・サービスづくりを推進するにあたって、宣言自治体が策定・実施している施策は、「HPを通じた広報活動・情報発信」が80.4%で最も多くなっている。なお、応援宣言の実施にあたっては、自治体ホームページや記者発表を通じて、広く公表することが求められている(「ふるさと名物応援宣言に関するガイドライン(平成29年1月改訂版)」中小企業庁)。 次いで、「イベントの開催(商談会・展示会、○○まつり等)」の49.0%、「事業への助成・融資」の43.1%と続いている。事業への助成・融資の内容としては、商品開発への助成から販路開拓・販路拡大の取組に対する助成など、様々な目的のものが含まれる。 そのほか、「認証・認定制度の創出」(15.7%)や「関連条例の制定」(11.8%)といった回答もあった。 図表3-11 策定・実施している施策(MA) (n=51) 80.449.043.115.711.85.90.03.9020406080100HPを通じた広報活動・情報発信イベントの開催(商談会・展示会、○○まつり等)事業への助成・融資認証・認定制度の創出関連条例の制定直売所等の共用インフラの整備その他無回答(%)HP

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 44

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です