ふるさと名物応援宣言
23/148

‐20‐ (7)事業の広がり 自治体が想定する応援宣言関連の商品・サービスづくりの事業の広がりについて、最も多かったのは「地域外の消費者からも購入してもらえる商品・サービスの開発」(64.7%)であった。また、「創出された商品・サービスを観光につなげることによる観光客数の増加」(15.7%)や「長期の滞在型プログラム開発や着地型観光につなげることによる交流人口の増加」(9.8%)といった観光や長期滞在、着地型観光までも視野に入れている自治体もみられた。 (n=51) 図表2-15 想定する事業の広がり 7.864.715.79.80.02.0020406080100主に地域内で消費される商品・サービスの開発(地産地消)地域外の消費者からも購入してもらえる商品・サービスの開発(ネット通販、直販や消費地への出店等)創出された商品・サービスを観光につなげることによる観光客数の増加(イベント開催等)長期の滞在型プログラム開発や着地型観光につなげることによる交流人口(滞在者数や移住者)の増加その他無回答(%)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 23

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です