ふるさと名物応援宣言
17/148

‐14‐ づくり段階、「第2フェーズ」(#2)の製作段階、そして回答数の少なかった第4フェーズまでを含めて、「第3フェーズ以降」(#3)の広報・PR、検証段階として、応援宣言実施の経緯・理由についてクロス集計を行った。 まず、第1フェーズと第2フェーズでは、「国による支援・補助を優先的に活用するため」(それぞれ71.4%、78.6%)が最も多くなっている。特に製作段階にある第2フェーズでは、国の地域資源活用事業の計画申請を視野に入れながら、商品・サービス開発を進めていることがうかがえる。さらに、第2フェーズでは、「地域の事業者や団体から、『ふるさと名物応援宣言』実施の要望があったため」(50.0%)も多く、すでに地域の事業者や団体による商品・サービス開発の素地があったものと考えられる。 体制づくりの段階にある第1フェーズでは、「『ふるさと名物応援宣言』を打ち出すことで、地域の多方面の関係者を巻き込みやすくするため」(57.1%)といった、より多くの関係者を巻き込むためのツールとして、応援宣言を活用していることがうかがえる。 第3フェーズ以降の特徴としては、「自治体トップ(首長)の強い意向があったため」(31.3%)が多いことが挙げられる。その背景には、応援宣言の理念や制度がトップの考えや公約にマッチしていたこと、すぐにでも広報・PR活動を行えるような商品・サービスがあったこと、あるいはドライビングフォースとしてのトップの推進力が取組を活性化させることなどが考えられるが、いずれにしても自治体トップの意向も応援宣言関連の取組を進める上でポイントの一つになり得ると考えられる。 図表2-8 事業フェーズ別にみた応援宣言実施の経緯・理由(MA) 71.457.138.123.828.64.819.04.89.59.578.635.742.950.021.47.10.07.17.114.343.837.537.537.518.831.312.512.50.012.5020406080100国による支援・補助を優先的に活用するため「ふるさと名物応援宣言を打ち出すことで、地域の多方面の関係者を巻き込みやすくするためこれまでも中小企業地域資源活用事業や農商工連携事業等への支援を自治体として進めており、さらなる相乗効果を得るため地域の事業者や団体から、「ふるさと名物応援宣言」実施の要望があったため自治体における観光戦略等の各種計画を推進するための一つの手段となるため自治体トップ(首長)の強い意向があったため都道府県から、「ふるさと名物応援宣言」実施の要請、アドバイスがあったため「ふるさと名物」創出のための地域の担い手を育てるため衰退する地域の問題意識を前面に打ち出し、地域で共有するためその他#1体制づくり(n=21)#2製作(n=14)#3広報・PR、検証(n=16)(%)‐14‐ づくり段階、「第2フェーズ」(#2)の製作段階、そして回答数の少なかった第4フェーズまでを含めて、「第3フェーズ以降」(#3)の広報・PR、検証段階として、応援宣言実施の経緯・理由についてクロス集計を行った。 まず、第1フェーズと第2フェーズでは、「国による支援・補助を優先的に活用するため」(それぞれ71.4%、78.6%)が最も多くなっている。特に製作段階にある第2フェーズでは、国の地域資源活用事業の計画申請を視野に入れながら、商品・サービス開発を進めていることがうかがえる。さらに、第2フェーズでは、「地域の事業者や団体から、『ふるさと名物応援宣言』実施の要望があったため」(50.0%)も多く、すでに地域の事業者や団体による商品・サービス開発の素地があったものと考えられる。 体制づくりの段階にある第1フェーズでは、「『ふるさと名物応援宣言』を打ち出すことで、地域の多方面の関係者を巻き込みやすくするため」(57.1%)といった、より多くの関係者を巻き込むためのツールとして、応援宣言を活用していることがうかがえる。 第3フェーズ以降の特徴としては、「自治体トップ(首長)の強い意向があったため」(31.3%)が多いことが挙げられる。その背景には、応援宣言の理念や制度がトップの考えや公約にマッチしていたこと、すぐにでも広報・PR活動を行えるような商品・サービスがあったこと、あるいはドライビングフォースとしてのトップの推進力が取組を活性化させることなどが考えられるが、いずれにしても自治体トップの意向も応援宣言関連の取組を進める上でポイントの一つになり得ると考えられる。 図表2-8 事業フェーズ別にみた応援宣言実施の経緯・理由(MA) 71.457.138.123.828.64.819.04.89.59.578.635.742.950.021.47.10.07.17.114.343.837.537.537.518.831.312.512.50.012.5020406080100国による支援・補助を優先的に活用するため「ふるさと名物応援宣言を打ち出すことで、地域の多方面の関係者を巻き込みやすくするためこれまでも中小企業地域資源活用事業や農商工連携事業等への支援を自治体として進めており、さらなる相乗効果を得るため地域の事業者や団体から、「ふるさと名物応援宣言」実施の要望があったため自治体における観光戦略等の各種計画を推進するための一つの手段となるため自治体トップ(首長)の強い意向があったため都道府県から、「ふるさと名物応援宣言」実施の要請、アドバイスがあったため「ふるさと名物」創出のための地域の担い手を育てるため衰退する地域の問題意識を前面に打ち出し、地域で共有するためその他#1体制づくり(n=21)#2製作(n=14)#3広報・PR、検証(n=16)(%)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 17

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です