ふるさと名物応援宣言
133/148

‐130‐ (14)岐阜県土岐市 【自治体の概況】 土岐市は、岐阜県の南東部に位置し、東は瑞浪市、西は多治見市及び可児市、南は愛知県瀬戸市、豊田市、北は御嵩町に接している。また、名古屋市から40km圏にあるため、同市との結びつきが深い都市である。人口は59,479人(平成28年12月31日現在)、産業別就業者数は第1次産業198人(0.7%)、第2次産業11,057人(37.7%)、第3次産業18,076人(61.6%)となっている(「平成22年国勢調査」)。 【ふるさと名物応援宣言の概要(平成28年9月14日発表)】 土岐市の誇るべき産業である美濃焼に対して包括的な支援を展開し、美濃焼商品群のPR、ブランド力の強化、美濃焼に関わる人材と技術の伝承、美濃焼に関連した産業観光化を官民協働により推進する。 【活用している地域産業資源】 〔鉱工業品又は鉱工業品の生産に係る技術〕美濃焼 ●地域産業資源の特徴と「ふるさと名物応援宣言」実施の経緯 美濃焼は、従来からこの土地に根付いている伝統的な地場産業であり、行政としても継続的に美濃焼の振興施策を実施してきた。食器生産量・出荷額で全国一のシェアがあり、岐阜県では全国で4割以上、土岐市単独でも全国の3割以上のシェアを占める。そのため、ふるさと名物応援宣言(以下、「応援宣言」という。)でも、この美濃焼を核にすることとなった。 これまでの市の支援実績においても、美濃焼に関連するものが多かった。応援宣言を実施することにより、国の支援が優先的に採択されるのであれば、早い段階で手を挙げたほうがよいという判断があった。また、応援宣言の制度を活用したいという市内事業者が、自主的に申請書(計画書)を持参してきたということもあり、地元自治体として支援していくため応援宣言に取り組んだ。行政としては、「やる気」のある事業者や工業組合の商品開発・販路開拓の後方支援に徹するというスタンスで臨んでいる。 商工会議所、観光協会、観光ガイドの会に事前ヒアリングを行い、「美濃焼の商品群」を活用して応援宣言を実施することに対して感触を確かめたところ、いずれも前向きに捉えてくれた。 美濃焼 伝統と産業が育んだ土岐のとっておきの陶器 ① 取組の経緯・概要

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 133

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です