平成27年度海外ビジネス戦略推進支援事業 事例集
45/50

44株式会社 シマブン製造業輸出会社概要 平成28年2月現在所在地 福岡県久留米市中央町28-7代表者 島  信英 業 種 建築用材料の製造販売資本金 20百万円売上高 509百万円従業員数 37名URL http://shimabun.jp海外展開検討国 シンガポールF/Sの目的と実施内容及び成果等■F/Sの目的 当社製品の販売可能性を判断するために調査を行うことをF/Sの目的とし、下記の調査項目を決めました。 創業は明治4年(1871年)で、瓦の製造・販売を始め、その後、建材卸販売の「島文建材店」を経て、現在は、建築用材料のユニバーサルデザイン商品の開発・製造・販売を行っています。 当社は快適空間創造企業として、住空間や建物空間での人々の幸せと豊かな社会の創造に貢献するために、よりよい快適空間創りを提案し、お客様と喜びと感動を共有し、お客様の幸せのお手伝いに邁進します。 当社は住宅・建材分野向けのユニバーサルデザイン商品開発を目的とし、ノンスリップ樹脂製グレーチング、トラップ付排水ユニット、ステンレス製鏡、ペーパーホルダーが主要製品となっています。 当社は通常道路の排水路にかけられたグレーチング(金属製の蓋)を住宅や施設の排水設備に取入れたパイオニア企業で、特に浴室との境界に樹脂製のグレーチングを導入し、段差のない水切りスペースを作り出し、車いすが通っても壊れない強度、音がしない構造を実現しました。 さらに、浴室等の樹脂製・ステンレス製グレーチングや排水ユニットについて様々な仕様・用途に合わせた製品を長年にわたり開発してきました。その結果、企画品だけでも500種類を超える充実したラインナップとなり、全国で導入されてシェアも15%に及んでいます。 直近では、木製や金箔の超高級グレーチングにも取り組み、新たな価値を創造しています。事業概要海外展開の動機と狙い(F/S前) 当社の主力製品であるグレーチングの国内市場はここ数年500億円から300億円と急速に縮小しています。特に屋外向け市場において85%近くの規模を占める、道路の金属系側溝グレーチングの需要が新規土木事業の減少により大きく影響を受けており、グレーチングメーカーにそのしわ寄せが来ています。一方、当社は屋内向け市場において、他社と差別化した樹脂製グレーチングを主力に医療福祉施設や学校における浴室、トイレ、シャワールーム、プールなどのニッチ市場での販売を伸ばし、医療、高齢者向け施設では15%のマーケットシェアを持っています。しかし、今まで屋外向けの製品を生産していた大手メーカーがこのニッチ市場に参入し始め、一部では価格競争を強いられて、苦戦するケースも出てきました。そのため、国内の販売をカバーするために、新規市場としての海外展開が急務となりました。 当初、従来の国内取引先である建築、建材メーカーおよび商社に海外展開を提案しましたが、その意向もなく、海外展開の話は一向に進展しませんでした。 そこで当社単独で海外展開を行うことを決心し、社内で打ち合わせを行った結果、プールを備えている高級ホテルやコンドミニアムの数と国(市場)のサイズからシンガポールでグレーチングを販売することを決定しました。海外との取引経験が全く無いため、マーケティングから販路構築など、何をどうすればよいのか全く分からない状況のもと、中小機構から全面的な支援をしてもらえるものと考え、F/Sに応募しました。F/S支援事業の流れ経営戦略海外展開計画策定資料・現地F/S及び成果新市場の創造に対し、新興国への展開を図る新製品開発による国内市場の開拓を図る得意分野の医療福祉施設シェア向上と高級路線の拡大を図る対象国の市場規模や当社製品の販売見込みを策定し、事前に可能性を検討商流/物流ルートの調査と代理店候補検討当社製品が現状仕様で使用できるかの検討現地の市場状況の調査により、当社製品の販売可能性を得た 商流/物流ルートが解明でき、代理店候補も探すことができた現地製品の規格も把握でき、排水構造も理解できたシンガポールにおけるプール用グレーチングの販売可能性調査~快適空間創りのお手伝い~シンガポール(1)現地の市場状況と市場規模の把握 1)高級ホテルやコンドミニアムのプール用グレーチング使用状況の調査 2)HDB(公団住宅)のシャワールームの排水設備状況の調査

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る