平成24年度F/S支援事業 事例集
40/56

38株式会社 イワタ事業概要12F/S支援事業の流れ経営戦略海外展開計画策定資料・現地F/S及び成果海外展開の動機と狙い(F/S前) 当社の歴史をひも解くと、江戸時代の天保元年(1830年)にまでさかのぼります。日本の寝具製造会社としては、最も歴史の古い企業のひとつです。 1964年に羽毛専用生地を開発した後、羽毛の精製技術、繊維の活用法、寝具の製造方法など様々な分野で特許や実用新案を取得。そのノウハウを用い、羽毛の他、いままで難しいとされてきた天然毛を使用した高品質の寝具を製造しています。創業以来、眠りの質を向上させるべく、ひ会社概要平成25年2月現在所在地 京都府京都市中京区柳馬場通御池下ル柳八幡町65 代表者 岩田 有史業 種 羽毛布団、獣毛敷きパッド、獣毛積層、構造マットレスその他寝具の製造卸資本金 99百万円売上高680百万円従業員数43名  URLhttp://www.iozon.co.jp/展開検討国・地域 欧州、アジア 当社は良質の睡眠環境の提供を通して、人々の健康増進に貢献します。 寝具の国内市場の将来的な縮小を鑑み、ベッド関連商材で欧州、アジアにおける新規市場開拓を狙うことにしました。 利益率の低いOEMから自社ブランドを中心とした付加価値の高いビジネスモデルを構築し、売上構成比は国内70%、海外30%を目指します。 欧州(特にフランス)、中国の富裕者層向けに睡眠科学をベースにしたベッド(獣睡眠科学をベースにしたベッド関連商材のコンサルティングセールスによる新規販路開拓たすら寝具づくりに没頭してきたイワタ。 180年余の伝統を受け継ぎながらも、それに甘んじることなく、素材や技術・品質管理方法など常に新しいものを積極的に追求し、「眠りのパイオニア」として、今後も“一歩先”を走り続けていきます。イワタは、■睡眠科学を軸に商品開発を進めています。■50に及ぶ特許・実用新案を取得しています。毛積層構造マットレス、ベッドフレーム)、マットレスパッド、布団、枕等を一人一人に合わせたコンサルティングセールスにより直営店にて販売します。また、直営店をショールームとして活用し、同商材をB to B(家具店、ディストリビューター、建築家等)の卸販売を行います。ステップを踏みながら、確実な収益モデルを構築したいと考えています。■市場を把握する。■店舗展開に先駆けてB to Bの販路開OEMから自社ブランドを中心とした付加価値の高いビジネスモデルを構築。欧州、中国の富裕者層向け商材を直営店にて販売。直営店をショールームとしてB to Bの卸販売も行う。市場の把握。B to Bの販路開拓を行いながら、商材を現地にフィットさせる。「ショールーム+エンドユーザーへの販売」の機能を有する直営店開業、欧州への卸販売の拠点とする。取引先候補、業界団体等との接触28件欧州参入の方向性が確認できた。現地にフィットした製品の供給体制とブランディングの重要性を理解。フランス(パリ)、イギリス(ロンドン)拓を行いながら、商材を現地にフィットさせる。■「ショールーム+エンドユーザーへの販売」の機能を有する直営店フランス・パリにて開業、店舗にて直販を行うほか、ショールームとして活用し欧州への卸販売の拠点とする。~欧州における直営店開設に向けて~■日本の風土に合わせて選び抜いた素材を使用しています。■研究所での検査に合格したものだけをお届けしています。■有害物質の検査を徹底して行っています研究所での検査に合格したものだけをお届けしています。■国内の工場にて、一品ずつ丁寧に作られています。■環境にやさしいものづくりを心掛けています。寝具製造卸新規販路開拓

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る