guidebook_supportbook(創業)
50/56

中小機構・小規模事業者支援ガイドブックⅡ 48 7.法律 ビジネスには様々な法律が関係しています。特に密接な法律について、以下に簡潔にご紹介いたします。 (1)消費者契約法 ・消費者と事業者の取引に関し、消費者の利益を保護する法律 ・消費者と事業者が結んだ契約全てが対象 ・契約に際し事業者に不適切な行為があった場合、契約を取り消せる <不適切な行為とは> ●不実告知(例:嘘を言っていた) ●断定的判断(例:確実に儲かるとの儲け話をした) ●不利益事実の告知(例:都合の悪いことを知っていて隠していた) ●不退去(例:自宅や職場に押しかけて、「帰ってくれ」などと言ったにも関わらず帰らなかった) ●監禁(例:事業者から呼び出されたりして「帰りたい」などと言ったにも関わらず帰してくれなかった) ・契約書に記載してあっても、消費者の権利を不当に害する条項は、無かったことになる。 (2)不正競争防止法 ・事業者間の公正な競争を促進する法律 ・違反すると罰則が科せられる場合がある <禁止されている行為の例> ●著名な商品等の表示と同一・類似の表示を使用し、混同を生じさせる行為 ●他人の商品の形態を模倣した商品を販売する行為 ●企業の製造技術上のノウハウ、顧客リスト、販売マニュアルなどの機密情報を違法な手段で取得・使用したり、販売する行為 ●大手企業と類似・同一のドメインを取得したり、大手サイトと類似する紛らわしい名称で類似のサイトを開設する行為 ●原産地の誤認を起こさせる行為 ●競争相手の営業上の信用を害するような虚偽の情報を流布する行為

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です