guidebook_supportbook(創業)
42/56

中小機構・小規模事業者支援ガイドブックⅡ 40 2.許認可手続き・届出 我が国の社会全体として、一定の衛生水準や技術水準などを確保するという考え方から、法令により許可、認可、登録、免許、指定、届出、及び、認証を必要とする事業が多くあります。 例えば、飲食店の場合は保健所の許可が必要ですし、酒類販売業では税務署の免許が必要です。創業しようとする業種について、許認可が必要かどうか調べる必要があります。 主な受付窓口と許認可営業は、次のとおりです。 (図表17)主な受付窓口と許認可営業 保 健 所 警 察 署 都道府県庁 およびその他官庁 ・飲食店営業 ・菓子製造業 ・食肉販売業 ・魚介類販売業 ・旅館業 ・理容業 ・美容業 ・クリーニング業 ・医薬品等の販売業 など ・マージャン店 ・古物商 ・警備業 ・指定自動車教習所 など ・酒類販売業 ・各種学校 ・旅行業 ・宅地建物取引業 ・建設業 ・運送業 ・人材派遣業 ・自動車整備業 ・ガソリンスタンド など (注)日本政策金融公庫「創業の手引」より引用

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 42

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です