小規模事業者支援ガイドブック4 支援者のための小規模事業者のIT利活用サポートブック 生産性向上への取組みを中心に
55/98

<ネットショップを開設する場合> ネットショップを開設する⽅法は⼤きく2つあります。 1つめは、複数あるモール(ネットショップの集合仮想商店街)へ出店する形でネットショップを⽴上げる⽅法です。モールには、流通額や出店が多い「楽天」、「Amazon」、「Yahoo」などがあります。 モールの選定に際しては、モールやその出店⽅法によりモール管理のシステム利⽤料や売上に対するロイヤリティ、その他、販促などに繋がるキャンペーンなどの費⽤が異なりますので、総合的な費⽤判断も重要です。 2つめは、独⾃ドメインによる⾃社個店ネットショップを開設する⽅法(本店サイトと呼ばれることもあります)です。例えば、「syoukibo-abc.com」とか「CYUUSYOUYA.com」のように⾃分のドメインを使って販売⽤のサイトを開設します。 本店サイトの場合は、巨⼤なインターネット空間上に単独でお店を出すこととなり、広い⽥舎道にぽつりとお店を開くことになりかねません。従って、ただ単に競合先と差別化できる魅⼒的な商品やサービスを掲載するだけでなく、どのように周知して集客を図っていくのかを考えていく必要があります。逆に、すでにお客様となっている⽅や上⼿く誘導できたターゲットは、ロイヤリティの⾼いお客様となりえる魅⼒もあります。 本店サイトを構築する場合には、全くオリジナルで外部のショッピングサイト開発会社に依頼をして構築する場合もありますが、⾮常に費⽤がかかるため、多くの場合はショップサイト構築パッケージサービス(ショッピングカートシステム)を利⽤して構築します。 これらのパッケージサービスには、『カート機能』や『決済機能』など様々なサービスが標準や別途費⽤のかかるオプションとして提供されているほか、契約期間や契約変更時の制約も⾊々とあるので、⼗分な注意が必要です。特に、本店サイトの場合には、サイト構築費⽤の他に、サイトを開設・維持するための⽉々のサーバー費⽤やカートシステムの利⽤料、決済サービスの利⽤料などもかかります。これらの費⽤もランニング費⽤として正しく把握した上で運営していくことが必要です。 また、モールの場合は必要最⼩限のセキュリティ対策は施されていることが多くありますが、本店サイトの場合には、セキュリティに対しても⼗分な対策を施す必要があります。 これらの出店形態やモールの選択などを⾏う場合には、最新の動向を把握している専⾨家などの助⾔を得た上で検討していくことが⼤切です。 ネットショップ⽴上げに際しては、「ショップ理念やコンセプトの策定」、「商品やショップの差別化」、「出店するネットショップの⽬標の設定」を基にして具体的な出店先や⽅法を検討します。この段階で、取扱おうとしている商品・サービスがネット51中小機構・小規模事業者支援ガイドブックⅣ

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る